ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:人工呼吸器 ( 1 ) タグの人気記事

生きていれば風邪も引く!

このところ不調続きのほのさん。昨晩からまたちょっと優れない。

f0199379_1441613.jpg



気になるのは…

  ① 口腔内の痰と鼻水がかなり多い
  ② その上粘張度が高い
  ③ サチュレーションが低めで心拍が高め
  ④ ガスが出にくい

暖かかったり寒かったり、気圧の変動も激しい今日この頃。敏感にその辺のことを体全体でキャッチしているほのさんだから、用心しなければいけない。

ほのさんは自発呼吸が全くない。つまり、息を吐いたり吸ったりするのをすべて人工呼吸器におまかせしているのだ。だから、痰が固くなってうまく吸引してあげることができずに、肺のどこかが詰まってしまって、肺の中に酸素を送ることができなくなることが何より恐ろしい…。

昨年末にそのような事態を経験済み。ほのさん、本当に危機一髪だったのだ。

その経験をして以来、父さん母さん、かな~り排痰に魂込めている。
  
     右側臥位にして背中を叩き、さする  ⇒  左側臥位にして背中を叩き、さする
  ⇒ 仰臥位にして両胸をバイブレーション ⇒  左背中に手を入れて背中をバイブレーション
  ⇒ 右背中に手を入れて背中をバイブレーション ⇒ 両手を左右の背中にいれて胴体を掴み、腰から浮    かせるようにしてスクイ-ジング

これを少なくとも1日に10回。ほのさんもすでに9㌔超えのため、結構一仕事なわけで…。

だけどこれをやり始めてから、確実に胸の上がりは良くなったし、気管吸引すると以前はほとんど引けなかった痰が引けるようになった。

最初は、背中を叩くのにも抵抗があった。結構力を入れないと、背中に流れてへばりついた痰は取れないから手加減したら何の意味もない。片手で横を向かせながらもう片方の手で叩くので、顔をおさえてあげられない。

背中を叩くたびに、顔が大きく揺れて、やってる母さんも、ほのさん自身も「これ、大丈夫っすかね?」「いいんっすかね?」みたいな感じだった。

だけど近頃は慣れてきて、背中が逞しくなったこともあり、ほのさん結構薄笑い的な顔をする。

そういえば、自分たちも、あのサザエさんのエンディングでおせんべかなんかを喉につまらせ「フンガッフッフ」ってなった時や、ティラミス食べてて間違ってココアパウダー吸っちゃった時なんかに、背中叩いてもらうとすっきりするもんね…。あれ、それちょっと違うか…?





 

More
[PR]
by honohono1017 | 2009-04-01 14:42 | Condition


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧