ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Goods( 56 )

パンキッシュほのさん

あたしの「はこ」中身あるも~ん!
と、ほのさん。
ゴメンゴメン。
ほのさんの大事なハートの「はこ」には、ほのさん自慢のピン留めコレクションemoticon-0152-heart.gif


f0199379_10164812.jpg



今日は、今からまた区役所の人が来るって言うから、ほのさんに「どくろ」のピン付けた。
反骨精神だよね。
パンキッシュ?ほのさん。

f0199379_10173895.jpg

[PR]
by honohono1017 | 2009-04-28 10:18 | Goods

大切なのは「中身」デス

ほのさんと母さんは「はこ」好きだ。

ほのさんの道具は全部「はこ」にしまってある。
ガーゼやアルコール綿、シリンジなど、むき出しにして置いたらまるで病院みたいだ。
だからかわいい「はこ」にしまっておく。

そして母さんが「はこ」好きなもうひとつの理由…。
とりあえず「はこ」に突っ込んでおけば片付いている風に見える…。
何を入れるか決めて買わなくても、あったら困らないところが「はこ」のスゴサさで。
用途をこちら側に委ねられているというところがすばらしいじゃないか。
そんなものが「はこ」の他にあるだろうか。

母さんがずーっとねらっている「はこ」がある。
かわいい雑貨屋さんにうっている缶なのだが、大中小3つセットで確か8000円くらい…。
とにかくかわいい花柄で、大きさ違いで3つ、缶だし水にも強い。
この条件で8000円は決して高くないと思うのだが、
8000円という値段自体が母さんにとってはヒジョーに高級。

母さんの買い物はいつだって即決即買いなのだが、
こればっかりは、おそらく母さんのものになる日はないだろうと思いつつ
いつもそのお店に立ち寄っては、あるある、よしよし、と確認をおこたらない。

先日も、恒例の確認をしたあとで、立ち寄った100円ショップ。
すると、これまでにはなかった「はこ」シリーズが…。

f0199379_951143.jpg


どことなく、あのキャス〇○〇ソンを彷彿させる花柄。
もちろん迷うことなく買いました。
だって100円ですから!

しかし、買ってから3日目の今日、いまだ「はこ」は空っぽのまま…。
いかに「はこ」がすばらしくとも、中身がないとね。
いけませんね…。

にほんブログ村 介護ブログ 児童福祉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
 
[PR]
by honohono1017 | 2009-04-28 09:54 | Goods

Perfumeの意外なチカラ

ほのさん、お気に入りのCDがある。

着替えたり、お風呂に入れたり、体操したりする時には必ずかける。

「み~んなどうよう」という2枚組み。その名の通りすべて童謡で、昔からある懐かしいものから、母さんも初めて聞くような「みんなのうた」的なものまで2枚あわせてたっぷり60曲!

母さんがいっつも「ぞうさん」「大きな栗の木の下で」をバカのひとつ覚えのようにうたっていたところ、ほのさんのおばたんがプレゼントしてくれた。

もう1枚はヘルパーさんが教えてくれた「ほら、赤ちゃんが泣きやんだ!天使のゆりかご」。

ディズニーの歌や子守唄オルゴールのメロディーで、バックに子宮内血流音が収録されており、お腹の中にいた時に赤ちゃんが聞いていた音なので、安心するらしく、赤ちゃんばかりでなく誰が聞いてもリラックスする。



その中でもほのさん大のお気に入りは「たいこのおけいこ」。体操する時には必ず聞く。

おととい、昨日の朝、昨日の夜、と(随分熱心ね…)たいこの練習をしている。最初は「とん、とん、とん」とゆっくりたたき、回数も少ない。それが、昨日の朝、夜、と練習をつむごとにだんだん早く叩けるように…。そしてこの曲のピーク。「いよいよ今日のおけいこは、「とんとことんとんとん、とんとことんとんとんとんとんとん」「あらお上手ね」チャンチャン!と最後はあっさり終わる。

何しろ「たいこ」のおけいこという地味~な練習の歌で、余計な詩もいっさいなく、上達するにつれリズムが早くなり「とんとん」の数が増えるという単純さも覚えやすく、素朴な感じがほのさんと母さんジャストフィット。

ところが最近、かな~りほのさんのハートを鷲掴みした曲がある。先日ほのさんの体操中、珍しくラジオを聞いていたら流れていた。

その名も「ワンルーム・ディスコ」。

パヒュームというアイドルの歌だ。

いえいえ、母さんもほのさんもアイドル好きではないのですが…。

パヒュームって、以前はいわゆるアイドル的な歌を歌っていたが、その後、歌の路線をテクノポップに変更、そしてブレイクしたらしい。3人組なのだがアイドルとゆーわりには可愛くないし、そりゃ売れなかっただろうよ…と思う。じゃ逆可愛くなくてなんで売れんのよ、っていうと。

あくまで母さん的予想。①アイドルなのにテクノ歌っちゃう珍しさ②可愛くなさがアキバ系男子の心を掴んだ

せれはともかくとして、ほのさんの両足を持って股関節の曲げ伸ばしをしている時にちょうど「ワンルーム・ディスコ」がかかって、なんともピッタリのリズムなのだ。

しかもテクノっていっても女の子がキャッチーな歌詞を刻んでいるからポップな感じで、いつしかほのさんノリノリで…「やべ、ノッて来た!」っていつしか母さんと二人して熱中して体操。

あまりにほのさんの動きにフィットする曲で…

母さんついにシングルCD(!)を購入。

だってラジオじゃ大概途中で終わっちゃうし、聞きたいときにきけないし…。

もともと母さん、テクノ好きだし…。

だからってさすがにケミカルブラザーズとか聞かせられないし…。

f0199379_17552042.jpg


「パフューム買ったの…シングル買ったの…」って父さんは苦笑していたけど。

ところがこの曲、ほのさん「お気に入り」というだけでなく、ものすごい効果が…

続きを読む
[PR]
by honohono1017 | 2009-04-06 18:01 | Goods

美味いパン!

元来、食いしん坊で料理好きの母さん。

だが、ほのさんとの生活は、好きな時に買い物に行けない。

だから当然、夕食は冷蔵庫の中にあるもので作ることになるから、その日に食べたいものを食べることは難しい。たま~に計算を間違えて、冷蔵庫がほとんど空ってことも…

でも、そんなことは仕方ない。むしろ残り物の材料しかない時の方が、おいしいものが出来上がったりする。

だが、母さん、ひとつだけ譲れないことがある。

パンだ!美味しいパンだ!

朝昼晩、おやつもパンでいいくらいパン好きな母さん。

だがもちろんパン屋には行けない。それどころかスーパーの食パンすら切らすこともあるのだ。

そんな生活の中で、母さん、生涯で一番美味しいパンを毎週毎週口にすることができるようになった。


ほのさんのところに来てくれるヘルパーさんが、やっぱり無類のパン好き。

近所に美味しくて手ごろなお値段のパン屋さんがあるといって、いつも買ってきてくださるのだ!

ブランジェリーKよこやまというパン屋さんである。

母さんはどちらかというとハード系・ライ麦系などが好み。

パン屋も色々で、ハード系とか、デニッシュ系、お惣菜系とか必ず得意分野がある。

だから、何系を買うときはあそこのパン屋、とか自然と分類されてくる。

しかし、である。

このよこやまのパン、何系を食べてもはずれがない!

ヘルパーさんは、ランダムに購入してきてくださるので、私はそれを首をなが~くしてまっているわけだが、1回たりともヘルパーさんのセレクションにがっかりしたことがないのだ。

これはある意味奇跡であるemoticon-0109-kiss.gif


そんな夢のようなパン屋との出会いを果たした母さん…だが元来パン好きというのは、あそこで買えば間違いないとわかっていても、ついつい浮気をしてしまうものなのだ。

続きを読む
[PR]
by honohono1017 | 2009-03-30 18:52 | Goods

マトリョーシカ

f0199379_1415471.jpg


最近やけにお店でみかけるようになったマトリョ-シカ。

何年か前に上野の美術館にプーシキン展を見に行ったときに、ミュージアムショップで、なんともできの悪いマト的な人形が5人くっついてるブローチを購入して以来、マトさんに目がない。

2年後にまたこのミュージアムショップを訪れたら、今度は手作りキットがあるではないか!

手作りといっても、色を自由に塗れるもので、マトさん本体(中に3人入ってる、総勢4人)と筆・絵の具がセットになっているもの。

ええ、当然購入いたしました。

そして、もちろん父さんがそれはそれは上手に色塗りしました。あまりに上手で、手作り感がない感じになんだかちょっとがっかりさえした…。


ところが最近になって、色んな雑貨屋さんにマトさんグッヅがあふれており、結構困惑。

なんでいま、火がついたんだろう。

マトさんて、日本のこけし的位置にあるものなんだろうか…。

でも開けると何人も小さなマトさんがでてくるってことは、こけしより上か?


とにかく気付けば、頂いたものも含め、ほのさんと母さんのマトさんグッズはたくさんになっていた。

だけど、ほのさんがマトさん柄のオレンジ色のトレーナを着ていた日、ヘルパーさんに「かわいいこけし!」って言われて、やっぱこけしなのね…とちょっと落胆気味に…いえいえ日本のこけしをばかにしているのではありません!


f0199379_1214421.jpg


そして、このぱっちん留めが、ほのさんの新作まとさん!

子どものピン留めってだいたい2つせっとで198円とか…。

でもこのマトさん、いいとこのマトさんなのか、1つで2倍以上のお値段emoticon-0164-cash.gif

近所にある、ちょっとアンティークなんかも扱うちっちゃな雑貨屋さんで見つけ即ゲットですよ。

でもなんだろうね~マトさんの魅力って。

体型が丸っこくて、癒し系…。

丸っこいってことは、こけしっつ~よしだるまか?

まあどちらにせよ、丸っこくてちょっと癒し系、どこか素朴な感じも、ほのさんに近いのねemoticon-0155-flower.gif

どっかでまた可愛いマトさんと出会えますように…。
[PR]
by honohono1017 | 2009-03-30 12:27 | Goods

櫛の思い出

f0199379_1820979.jpg



ほのさん、近頃すっかり髪の毛が増えた。

よく、「上手にカットしてますね」と言われるが、ほのさん生まれてこのかたまだ一度もカットしていない。

だけど、うまいぐあいにショートボブ的な伸びっぷりであり…

いまの髪型をこれからずっとキープしてくれると手入れも楽であり、可愛いのだが、とムリなことを思う。


ほのさんはとてもおしゃれさんであり、まだNICUにいた頃からちっちゃな櫛を愛用していた。

櫛といっても、母さんのヘアブラシを買ったら、そのブラシに絡まった毛を取るように付録でついてきたちっちゃな黒い櫛である。


ほのかが生まれてから5ヶ月間過ごしたNICUは、面会時間が限られていた。

1日1回、1時間である。

その頃はまだ人工呼吸器のほかに、各種モニターや点滴、導尿のカテーテルなど、とにかくたくさんのものがくっついていたほのさんだった。(たくさんくっついていたようにみえただけなのかな…)

そういうものに対してド素人なフツウの親だった父さん母さんにしてみれば、

ただでさえ初めての子育てでアタフタなのに、勝手に抱っこすることなんてとんでもない話で、

オムツ交換や着替えすらさせてもらえなかったのだ。

ってゆ~か、してくださいって言われてもムリだけど…

最近TVでよくNICUの風景が映る機会が多いけど、

我が家的には見慣れた風景であり、懐かしくさえ思えるほどだが、

当時はあの色んな機械の音がして、たくさんの医療スタッフがいて、機械のついた赤ちゃんの保育器が並んでいる異質の空間にいるだけで緊張していたのだ。

その上、我が子に会えるのがたった1日1回1時間…

色々してあげたい思いはあってもできない現状もあり、

母さんも、自分でもまだ梳かすには薄いんじゃね~、まだ早いんじゃね~、と思いつつも

そのちっちゃな黒い櫛でひたすら髪をとかしてあげたり、ぱっちんどめをしてあげることくらいしかできなかったのだ。

そんな思い出のある櫛である。

先月、突然行方不明となったのだ。

早く梳かしてよ~的ナ顔をするほのさんを横目に、血眼になって母さん探しました。

でもどこにもなくて、「探してる時はでてこない」ってよく言うから、

探したくてうずうずしているのに我慢してちょっとじっとソファーに座ってみたり…

続きを読む…
[PR]
by honohono1017 | 2009-03-29 19:01 | Goods


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧