ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Goods( 56 )

半ベソほのさんと、聴診器のはなし。

f0199379_14574666.jpg


昨晩も、ほとんどおしゃべりせずに、
スースーと寝息だけたてて、眠っていたほのさん。

今朝、お風呂にはいって、
ほのさん、かゆいとこはどこ?

と、かあさんが聞いても、まったくお返事なし。

午後からのリハビリでも、今日は反応がないかしらん、
と思っていたのだけど。

ピンポーンとチャイムがなって、
S先生が入ってくるやいなや、

ふふーん!と一声、大きな声でお出迎え。

その後も、小さな声だけど、
しきりに先生にお話をするほのさん。

嫌いな足首を伸ばされると、
ちゃあんと、

なにするのよー、

と不機嫌そうな声も出て。

椅子に座ってからも、
ヤル気は満ち溢れているのだけど、
なかなか思うように動かせなくて、
今日は早々に疲れてしまった。

それでも最後に、
先生が持ってきてくれたキャンディーボールを
勢い良く両手で叩いてみると、
いままで触ったことのない感触が気にいったのか、
急に真剣な表情に変わって、
一時、集中して触っていた。

本当は、このキャンディーボールの上に手を乗せて、
いつもみたいに動かせたら、と思っていたのだけど、
なかなかうまくいかず。。

そんなこんなで、
かあさんが抱っこしてベッドに戻り、
着地するやいなや、
急に真っ赤な顔して両目から涙を流し、
ふえーん……
って、半ベソ顔になったほのさん。

今日は、なにひとつ、自分の思うようにできなくって、
ヤル気はあったものだから、
ほのさの的に、ものすごく悔しくて、
もどかしかった様子。

こちらも、ほのさんの自発的な動きを利用して、
何か楽しい遊びができないものかと考えるのだけど、
なかなかうまく引き出してあげることができず、で。

なんとか、ほのさんのもどかしさを解消してやらなければならないし、
うまく導いてやれない申し訳なさもあるけれど、
ほのさんの半ベソ顔は、
なんだかとても可愛くて、
それだけ成長しているのだと、嬉しくもあった。






f0199379_1593398.jpg

さて、先日、ついに聴診器を新調した。

ほのさんが生まれてからずっと使ってきたピンクの聴診器は、
確か、かあさんが大学生くらいの頃、
下北沢のstudyroomかどっかで、
千円くらいで買ったもの。

ハイキングなどに行った時に、
木の幹に聴診器をあてると、
水分を吸い上げる音などが聞こえる、
ということで、やってみたくて買ったのだが。

まさか、子どもが生まれて、
「聴診器」として使うようになるとは夢にも思わず。

安物だし、外バネ式で、
耳管とチューブがすぐにはずれてしまっていた。

最初の頃は、胸の音を聴く、
というよりは、
胃チューブが入っているかどうかを確かめる、
という使い方がメインだったし、
全く用は足りていた。

しかし、このピンクの聴診器には、
忘れられない思い出がある。




ほのさんが退院して4ヶ月経たない秋口の日の夕方、
ソリタ水の注入が終わるやいなや、
サチュレーションが徐々に下がりはじめ、
モニターを見ていると、
あっという間に90台を切ろうとしていた。

ほのさんはその頃から、サチュレーションを滅多に下げることがなかったし、
その下がり方からして明らかにおかしく、
かあさんは、すぐにこのピンクの聴診器をほのさんの胸に当てた。

すると、右も左もうんともすんとも音がしない。

そんなことがあるはずない、
おかしい、と思って、
2度、聴いてみても、
痰の雑音すらしない。

すぐに呼吸器をはずしてアンビューをつける。

普段なら、酸素を繋いでアンビューをすれば、
すぐにサチュレーションはあがってくるのだが、
その日は下がる一方、
そのうち、心拍まで下がってきて、
しまいにはモニターの2つの数字は、
両方とも0になって、
アラームが鳴り続けていた。

ほのさんの顔色は、真っ青どころか、
ほとんど黒くなっていた。

アンビューと心臓マッサージ、吸引を繰り返し行っているうちに、
なんとか呼んでいた救急隊が到着し、
きちんとした心臓マッサージをしてもらうと、
すぐに心拍は復活し、
救急車に乗り込む頃には、
どういうわけか、酸素は流していたものの、
サチュレーションは100になっていた。

今思えば、
聴診も、訪問看護師さん任せ、
気管の痰がものすごく少なかったこともあり、
ほとんど排痰をすることもなく、
あんなに酷い痰詰まりにさせてしまったのは、
本当にかあさんのせいとしか言いようがない。

少しでも対応が遅かったら、どうなっていたかわからない。

しばらくは、ほのさんのどず黒い顔を思い出しては怖くなり、
自信をなくし、
サチュレーションが下がりはじめた同じ夕刻になると、
震えが来てしまうほどだった。

だがその日から、
わからないながらも、ほのさんの聴診を毎日何度も続けるようにし、
どのように体を動かしたら痰がうまく出せるようになるのか勉強した。

毎日続けるということは、すごいことだ。

最初はどれが痰の雑音かもわからず、
エアー入りがいいとか悪いとか、
左右差があるとかないとか、
全くわからなかったのだが、

ほのさん、もしもしするよ、

と、ほのさんに言って聴き続けていくうちに、
よーくわかるようになって、
排痰の後に取り残した雑音を取るには、
どっちに向けて、どこを動かしたら有効か、
コツをつかめるようになった。

わかるようになってくると、
今度は別のことで苦しむようになった。

かあさんは、こんなにほのさんの肺のコンディションをわかるようになって、
こんなにマメに排痰をしているのに、
なぜ、それでも痰詰まりを防いでやることができずに、
ほのさんに苦しいおもいをさせてしまうのか、と。

まあ、ずいぶんと思い上がったことのように聞こえるかもしれないが、
あの日の反省と教訓から、
ほのさんに痰詰まりがおきないように、
排痰に来る日も来る日も精魂こめて研究し、
毎日まいにちやってきたものだから、
それでも秋口に、どうにもならなくなることが、
どうしても受け入れられなかったのだ。

どんなに頑張っても、起きることは起きるのだから、
それにどう対処するかが大事だよ、
と、往診のT先生に何度言われても、
頭ではわかっていても、
こんなにやっているのに、もう手の打ちようがない……、と
かあさんの落胆は大きかった。


その間、とうさんから、
そろそろ聴診器を買い換えてみたら、
と何度か言われたこともあった。

かあさんも、ほのさんの胸の音が聴けるようになったと、
自分で自信がついたら、もう少しいいものに買い換えようと決めていたが、
あの日、自分のせいでほのさんに死ぬ思いをさせてしまった呪縛から逃れられず、
まだいい!
といって、ずっとピンクの聴診器を使い続けてきた。



ほのさん、もしもしするよ……





先日、おともだちが新しい聴診器を買ったというので、
試しに、使わせてもらった。

たしかに、かあさんのピンクの聴診器に比べて、
余計な音を拾わず、
低い音の雑音をよく聴取するように感じた。

そろそろ、ほのさんのも新しくしようと思って……


そう言いながらも、
まだ使えるしもったいないな、
と、ケチ魂もありながら、
おともだちに借りた聴診器を返しながら、
ほのさんのピンクの聴診器をまじまじと見ていたら、
イヤーチップにヒビが入っていることに気がついた。

それを見て、
ああ、これはもう、ピンクの聴診器とはお別れの時だなあ、
と思った。





あの辛い秋の日から4年。

毎日、排痰のたびにほのさんの胸の音を聴き続けて、
かあさんは、ほのさんの胸の音なら自分が一番だ、
と自信をつけた。

でも、
そんなことよりも、
このピンクの聴診器は大切なことをいっぱい教えてくれたように思っている。


かあさんが、どんなにほのさんの胸の音を聴けるようになって、
ほのさんの肺のコンディションがわかるようになって、
うまく痰をだせるようになっても、
生きているほのさんは、風邪だって引くし、
予想もしないような不調になることもある。

人間の体は理屈だけでは説明のつかないところもたくさんあって、
だからこそ「生きている」ということなのだ。


かあさんはただ、
ほのさんのからだ、もしもし?ちょうしはどうですか?

と聞いているのにすぎない。

お手伝いはできても、
生きているのはほのさん本人で、
ほのさんの、体なのだ、と。

いのちの尊さは、そんなところにあるのかもしれない、と。



そんな当たり前のことが
ちゃあんと身に染みてわかるようになるまで、4年……

何をしても長く続いた試しのないかあさんだけど、
ほのさんの「もしもし」は、
これからもずっと続けるよ。

今日から、新しいみずいろの聴診器で。

(それにしてもなんでかあさんは、
ピンクの聴診器のチューブのど真ん中に、
黒のマジックで名前なんか書いちゃったんだろね……)




f0199379_1027361.png



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村


このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2012-06-25 16:24 | Goods

鬼が来たー。

火曜日、ほのさんのおたのしみは、
「おはなしの会」。

訪問看護師Nさんと、手遊びをしたり、
本を読んだり、
工作をしたり。

今日は、もうすぐ節分、ということで……。



f0199379_15462874.jpg


おにのめーん、を作ります。

f0199379_15471715.jpg


なんか、けいとって、ふわふわー。

f0199379_15481177.jpg


ほのさん得意の、
必殺、「おりがみくしゃくしゃ」で、なにができるのかな。

f0199379_15492696.jpg


ほっぺたぐーるぐる。




f0199379_15502731.jpg


はい、どーん。


ほっぺた、と言うよりは、ほくろ?しみ?

きば、と言うよりは、金歯?

愛嬌たっぷりの、ほのさん鬼のできあがりー。

たのしみだねー、節分。

ほのさん、今晩、とうさんに、

かぶって。

って、言いそう……。。





読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2012-01-24 15:53 | Goods

はじめての、しろいゆき。

(待ちにまったブツの到着 つづき)

到着した発泡スチロールの箱は、
ほのさんが首を長くして待っていた、
A県の大学に通う、医学生のMおねえちゃんからの贈り物!

さっそく、開けてみた!


f0199379_13325549.jpg


中にはたっぷりと、
ふわふわの真っ白い、雪、雪、雪!

ちょうどリハビリが終わり、ベッドに戻る前だったほのさん。
リハのS先生と一緒に、
がっつり触ってみた!

生まれて初めて触る雪の冷たさに驚いたのか、
冷たさを「痛い」と感じたのか、
ほのさんは、両目をカーッ見開いていたよ。

雪のあまりの白さに、
ほのさんのお顔に、光りが反射。

楽しみにたのしみに待っていた雪。
とっても白くて綺麗だけど、
その手触りは、ほのさんの予想に反して「辛かった」らしく(笑)
だんだん顔つきも、ひきつってきた!


箱のなかには白い雪といっしょに、
きれいなブルーの封筒がはいっていた。

中には、ほのさん宛の、ひらがなで書いてくれたお手紙と、
かあさん宛のお手紙が入っていた。

読んでみると、
Mさんが、どうして「雪を送ってあげよう」なんてステキなことを思いつくのかがわかるほど、
とても心に響くお手紙だった。




日々の生活は、それ自体に追われてしまうことも多く、
毎日が変わり映えしない繰り返しのように思えたり、
狭い世界でこじんまり暮らしているように思えたり、
息苦しく感じることもあるけれど、
Mさんのように、
雪の降る晩に出た月をじっと眺めたり、
雪かきのしていないお宅の人の暮らしに思いを馳せたり、
ゆったりとした心で、想像力を持って
耳を澄まし、じっと見つめてみると、
自分と同じようなささやかな暮らしがそこにもあそこにもあることを感じられ、
それがなんだかとてもあたたかく思えることがある。

そんな時間は、大きく現実を変えることはなくても、
なんだか心が豊かになったような気がして、
ちっぽけな「日々」が愛おしく感じられる。

Mさんからの贈り物は、
ほのさんとかあさんを、
そんなあたたかな気持ちにしてくれた。




それから、とうさんが帰ってきたら、
Mさんがお手紙で指示してくれたように、
この雪を使って、みんなでちょっと遊んでみようと、
あわてて冷凍庫の中身を出し、
大事に発泡スチロールの箱をしまった。


とうさんには、200mLの小さなシャンパンを買ってきてと頼んだ。
そのわけは……

f0199379_1356353.jpg

雪で、シャンパンを冷やしてみようと思って。

Mさんのおかげで、おもいがけず、
おいしいシャンパンを躊躇することなく買って飲めた(笑)

(躊躇しなかったのは、かあさんだけで。
雪で冷やす、というプランは、帰ってきてからのお楽しみ!
と思って、
ただ単に「200mLのちっちゃいシャンパン買ってきて」
とだけ言ってとうさんに発注。

とうさんも「わかったー」と言って電話を切ったのだが。
しばらくしてとうさんから電話があり……

「750mLのほうがお得だけど。」と……。

いやいや、そりゃそうなんだけど。
今日に限っては、お得とかじゃなくて、
瓶が大きいと、雪で冷やせないんだよねー。ってなった 笑)


もちろん、
ほのさんも、ほのさんの楽しみ方をした。

f0199379_1434660.jpg

ちっちゃな、ゆきだるま!

また来年、としまったサンタさんの帽子を急いで出してきて。

目は「ゴマ」、口は「赤唐辛子」、
手は「楊枝」!

はやくしないととけちゃうよ~、
と3人でわいわい言いながら、楽しく作った。

ほのさんのベッドに置いて写真を撮っていると、
みるみるうちに、雪だるまのしたの方から溶けてきた。

それもそのはず、ほのさんのベッドは、
電気毛布が2枚もはいっているからねん。



雪が、白くて、冷たくて、
しばらくすると、溶けちゃうんだと、知ったほのさん。

でもこの雪は、冷たいだけじゃなくて、
Mおねえちゃんのあったかさがつまていることも、
ほのさん、ちゃんと感じたかな。


f0199379_148610.jpg

ほのさんの白い手で、おもいきり握った、
白いしろい、雪。

はじめての、しろいゆき。


Mおねえちゃん、ほんとうにありがとう☆


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2012-01-17 14:35 | Goods

待ちにまった、ブツの到着。


どんよりと曇った、寒いさむい月曜日。

今朝もほのさんは、好みの熱めのお湯に入り。

入浴中は、気持ち良くて、
まるで眠ったかのような、
スースーという穏やかな声になることが多いのだが、
今朝はずーっとものすごい勢いでおしゃべりし通し。

(かあさんは、ナゼだかだいたいわかっていたけどね。)

ポカポカあたたまって、
トリートメントしてブラッシングして、
最近お気に入りの甘い匂いの栄養剤を飲み、
午後のお楽しみに備えるほのさん。



f0199379_21404111.jpg

はい、どーん。

午後のお楽しみ、その1。
リハビリ!

今日のリハビリの大事件!については、
また後日。

リハビリが終わって、
まさにベッドに戻ろうという時、
インターフォンが鳴った!

きたっっ!!

ほのさんは、これを待っていたのだ!


実はほのさんは、何日前から楽しみに待っていたものがあった。

ご縁あって知り合った、
A県の大学に通う医学生のMおねえちゃんが、
ほのさんに、雪を送ってくれるというのだ。

昨日、その雪がMおねえちゃんの元を旅立ったとの連絡を受け、
ほのさんは今かいまかと朝から待っていたのだ。

(実は、朝お風呂からまさに上がって、
ベッドに着地するかというまさにその時、
インターフォンが鳴ったもので、
これはもうブツが届いたに違いないと、
ヘルパーさんに代わりに玄関に出てもらったら、
全然別の荷物だったという、
まさかの肩透かしにあっていたほのさん...)

今度こそ!
と急いでかあさんが玄関に出ると、
小ぶりの発砲スチロールの箱を抱えた、
某黒い猫の配達お兄さん。

これはもう、間違いない!

ほーのーさーん!
きたよー!!
つづく..,
[PR]
by honohono1017 | 2012-01-16 21:38 | Goods

女子力UP、大サクセーン。

急に秋が深まってきた。

空気が澄んできたのか、
ベランダから富士山が綺麗に見える日が増えた。

今日の午後、
訪問看護師Nさんと、
ほのさんは大好きなイスに座って、
ステキなものを、一生懸命つくりましたー。

f0199379_16352128.jpg


いろとりどりのキラキラビーズを、
ゴムに通して、
ブレスレット作り!

オサレの秋ですから、
これを作って、女子力をアップしたいところです。

ほのさんが選んだ色のビーズを自分で持って、
看護師Nさんが、ゴムを通す……という、
なかなか難しい作業。

やっていくうちに、
ほのさんのおしゃべりトーンが大きく語気も強くなり、
ああ、つかれてきちゃったかな……
途中で、泣いちゃうかな……
と心配しながら見ていたかあさんですが、

ほのさんはどうやら、
女子力アップに燃えていた模様。

時々、看護師Nさんに、

つぎは、みずいろでいい?

と聞かれると、

イヤー!

と、ものすごく強い調子で拒否することが何度かあり……
その色のチョイスがなぜかしらん、
彼女の美意識にモウレツに反したのでしょう。。



ものすごい盛り上がりをみせながら、
ほのさんは自分のブレスレットを完成させ。

なんと、その次に、
かあさんの分までオソロイで作ってくれるというではありませんかー。

結構、難易度も高く、細かい作業なので、
かあさんの分……といっても、
ほのさんのよりも大きめに作らなきゃならないから、
ほのさんの右手、疲れないかしらん……

というかあさんの心配もよそに、
ほのさんは、ますます盛り上がって、
かあさんのブレスレットも作ってくれましたー。

しかも。

最後のビーズは、
ほのさんが、ビーズと糸を両手で持って、
自分で糸も通したのよっ。

その姿に、目頭を熱くする、かあさん……

ええ、そんなもんですよ、親ってのは、ね。


f0199379_16491720.jpg

で、はい、コレ、どーん。

ええ、ものすごく、得意げです。

かあさんも、ものすごく、嬉しいです。

とうさんが帰ったら、まちがいなく、
ほのさんと2人して、

いいでしょー、いいでしょー。

と、自慢するでしょう……。

女子とは、そーゆーものです。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-10-04 16:53 | Goods

げいじゅつの、秋。

f0199379_20511562.jpg


はい、どーん。

作品No.2 ぱんだ ほのか画伯


「おかおノート」で、
訪問看護師Nさんと作った傑作。

「おかおノート」とは、
いろんなおかおが描いてあって、
そこに、好きなように、
目、鼻、口、めがね、リボン、イヤリング……
などなどのシールを貼って、
オリジナルのおかおを完成させる、というノートなのですが。


訪問看護師Nさんと相談して
「ぱんだ」のおかおを作ることに決定したようなのですが、

まあまあ、目は「ボタン」風な、
見方によっちゃあ、
つぶらな瞳、を選び、
うまいこと貼って、

じゃあ、おはなはどれにするー?

とあーでもないこーでもない、
悩んだ末、
ほのさんがこのお鼻のシールを選んだときには、
Nさんとかあさんは、じゃっかん凍り付き、

まあまあ、ほのさんのおもったように……

と、
口のシールを選んで貼ったところで、
意外とポジショニングもよく、
なんかとっても善良そうなぱんだらしく仕上がったのですが。

Nさんが、

ほのさん、りぼんとか、つけてみる?

と言って、
いろんな種類のりぼんのシールを、
ほのさんは自分の手で物色してみたものの、
ほとんど興味を示さず……

じゃあ、いやりんぐは、どう?

……。

これまた反応が薄く……。



あれ、こんなのもあるよ。

と言って、
ほのさんが触ったのが、

触覚なのか、
マラカスなのか、
正体不明のもので。

どうやらそれを2本、
ぱんだの頭に刺したいらしく。

……
そ、そ、そうね、ほのさんのおもったとおりにね……


で、できあがってみたら、
これが意外とアートなもんで。


f0199379_2103238.jpg

げいじゅつの、あきよね。

え?なに?
おでこ?

うふ、かに、くわれたのよー。


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-09-28 21:03 | Goods

キターーッ!!

f0199379_18371724.jpg


昨日、待ちにまった、
ほのさんのイスが、
届いたのです!

ほのさんが、どれだけ喜んだかは、
このお顔で、わかるはず……。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-09-09 18:38 | Goods

スマイル0円の、コーデの巻。

それにしても、
毎日、毎日、おあつうございます。

ほのさんは、
やっと電気毛布をオフしてもいい時間帯ができるという、
相変わらず凡人とはかけ離れた体温キープの方法で、
28度設定のクーラーの中、
あづいいいいいいー、
と言いながら排痰するかあさんを、
涼しげな顔で見つめてくれます……。



さてさて、今日のほのさん。

いまだかつてないくらい、
ポップなファッションに挑戦しております。

日曜日に、とうさんが買ってきてくれた、
新しいワンピース。

赤しまに黄色Tをあわせるというコーディネートは、
ほのさんとかあさんで決めました。

f0199379_1411232.jpg


でも、黄色に赤って、
なんとなく、
あの「スマイル0円」の
ファストフード店的な雰囲気が漂う気がするのは、
かあさんだけでしょうか。。

まあいい……
かわいいから、いいのです。

ま、なんならイメージキャラクター、
引き受けますけども。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-07-12 14:07 | Goods

「BROOCH」 ブローチ。

唐突だが、ほのさんとかあさんは、
ブローチが、好きだ。

ほかのアクセサリーと違って、こどもでもできるし、
そして、なんだかスペシャル感もある。

いつもとおんなじお洋服でも、
ブローチをすると、
なんだかテンションが、あがる。




連休初日、かあさんはちょっとおヒマをもらって外出した。

なかなかのんびり本屋に行くこともないので、
最近できた本屋をのぞいてみた。

売り場面積は狭いけど、
ダークな色調で、かあさん好みの書棚の高さ、
かなり落ち着く店内で、
雑誌をチェックしてから、文庫本、ハードカバー、絵本、
と順番に見渡して、
気になるところに戻っては見、戻っては見、
徘徊すること2時間近く。

ほのさんの新しい絵本選びに真剣にとりかかり、
絵本コーナーでしゃがんで、
ほのさんのお顔を思い浮かべながら、
うーん、うーん、と悩んでいたところ、
ふと、とっても綺麗な装丁の、
ちょっと大人っぽい絵本が目に留まった。

絵本にしてはめずらしく、
本じたいにビニールカバーがしてあって、
その上からビニール袋に入っていた。

だから、中身をみることはできなかったのだけど、

「BROOCH」というタイトルと、
そのスペシャル感満載な包装っぷりに惹かれて、
そのほか何冊かあった候補を余裕でおしのけ、
ほのさんのもとに一緒に帰ること、決定。

本当は、一人で映画でも観ようかな、と思っていたのだけど、
どうしても「BROOCH」の中身が気になって、
とりあえず、珈琲でも飲みながら、
ほのさんに、「おさきに」と言ってから、
読んでみることに。



そそくさと、ビニール袋からそーっと出して、
表紙をめくると、
思わず「あっ!」と声が出てしまうほど、
目を奪われる、鮮やかな紫色!

f0199379_12265570.jpg


装丁と、タイトルページだけでこれだけ盛り上がると、
お話自体がどんなものか、
わくわくしながらページをめくると、
中身はぜーんぶ、パラフィン紙っていうのか、グラシン紙というのか、
薄紙に、綺麗な絵と、綺麗な言葉が、
ひっそりと優しく描かれていて、
次のページが透けるような仕掛けになっていた。

丁寧に1枚1枚、めくっていくと、
心を奪われるような絵と、
自分の深いところが動くようなことばがあって、
ちょっと大人の絵本だけど、
早く、ほのさんに見せたいな~と、
胸がいっぱいになった。



この1ヶ月くらい、
かあさんはなんだか自分の気持ちが騒がしく、
揺れすぎてついていけないことがたくさんあったけど、
たった1冊の本に出会っただけで、
爽やかな晴れ間が心に覗くのは、
なんて不思議なことかしらん。

帰ってから、
ほのさんとかあさんのブローチを、
ぜーんぶ出してきて、
さっそくほのさんと一緒に、読んだ。

f0199379_12554527.jpg


表紙をめくって、
鮮やかな紫が飛び出すと、
ほのさんと、かあさんの顔に、紫が映って、
ふたりで、
ほのさん、すごいねー、
かあさん、むらさきだねー、
と言い合った。

ほのさんは、ところどころ、

かあさん、それはどういういみなの?

と、不思議顔をしていたけど、

ほのさん、わからなくってもいいとおもうのよ。
わからなくってもいいから、きいていて。
ゆっくり、えを、みていてごらん。

かあさん、そうなの?
わからなくっても、いいのね。

と、言っていた。


わからないことを、説明してもらえない、
ということも、初めてだったほのさんは、

「わかならくっても、いいのね」

と、ちょっとなんだか、嬉しそうにも見えた。


ほのさん、きっとわからないことが、
あっ。
って、なるときが、くるのよ……。

と、かあさんは心の中で呟いた。




「BROOCH」

“足りないことを数えすぎて
満ちているいまを 忘れてしまわないように
小さな祈りを 胸にかざる”



勲章でなくても、いい。

誇り、であれば。

ほのさんと、かあさんの、ブローチ。




読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-04-30 12:57 | Goods

おひとりさま時間と、戦利品。

月曜日の晴れは、とっても気持ちがよい。

朝日の差し込むこの部屋で、
ほのさんをお風呂に入れるのも、
引越しまで、もう数えるほどになった。



さて、先週の通院時の検査で、
データ上は全く健康だった、ほのさん。

なのに、通院前よりも、
サチュレーションを下げることが多くなり、
昨晩は、久々にアラームで起こされた。

しかも、右向きにすると下がりやすく、
仕方なく、左向きと仰向けを交互にすることに。。

それほど痰も多くないし、
胸の音も、これまで悪かったときのような、
良くない音はしないのに。

明け方、様子がおかしいから、
電気をつけてみたら、
両目から涙を流していた。

どうした、ほのさん。
こわいゆめでもみたの。
それとも、おなかがいたいのかな。


なかなか、ほのさんを苦しめる正体を突き止められず、
かあさんも、なかなか疲れてしまい、
昨日は、なんだか自分の精神状態の限界を感じ、
夕方から、ちょっと家を出た。

ほのさんの通院以外で、
外に出たのは、2週間ぶり。

冬が近い風、
夕方の、晩御飯の仕度の匂い、
行き交う見知らぬ人の流れ、
明かりのともりはじめたイルミネーション……

そういうものを、少しの時間感じるだけで、
体中に酸素が行き渡る感じがして、
また、頑張れる!
と、思った。

ひょっとしたら、ほのさんも、
こうして、ちょこっと町にでて、
いろんなものを感じたいのかもしれないなあ。

引越しが近いし、
寒くなってきたから、厳戒態勢のため、
ほとんどどこへも連れて行ってないし、
ゆっくり遊んでもいないから、
ほのさんも、
ひょっとしたら、ストレスかね……。



かあさんが、遅くから出かけたのは、
新しいおうちの、ほのさんのお部屋の、
照明を探したかったから。

なかなか、コレだ!というものに出会えず、
それほどあちこちに行って探すこともできないから、
なかば、妥協して決めかかっていたけど、
せっかくだし、と思って、
お気に入りの家具屋さんに行ってみた。


f0199379_10221867.jpg


そしたらね、
ほのさんにぴったりなのが、
ちょうどよく、見つかった。

早速、こっそり写メを撮って、
ほのさんに送り、
とうさんと見てもらって、
ほのさんもとうさんも、ひと目で気にいったらしく、
迷わず購入したよ。

で、その後、
大喜びのほのさんの顔を想像しながら、
ナイショの、おひとりさまを、楽しんで。

f0199379_10265967.jpg


イルミネーションをみたら、
たまらなくおうちが恋しくなって、
結局、2時間ほどで、帰宅したのだった。


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2010-11-08 10:29 | Goods


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧