「ほっ」と。キャンペーン

ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

くりーむぱんのような、その手で。

f0199379_20385654.jpg


”一度起きてしまったことは無かったことにはできない”

かあさんがそのことを思い知らされたのは
ほのさんが生まれた時だった。

目を覚ますことのない我が子を見て、
どうしてこうなってしまったんだろう、
何がいけなかったんだろうと混乱状態の私に、
心療内科の先生がそうおっしゃった。

どんなに辛くても人は、
その場にとどまることはできず
前に進んでいくしかないのだと気付かされて、
そんなことはずっと前から知っていたはずだったのに、
初めて耳にする誰も知らない大切な秘密を聞いたみたいに、
かあさんは、ハッとしたのだった。

大切な人を亡くしたり、
心やからだが
傷んだり痛んだりしても。


病気や障害や災害や不可抗力の試練は
敵じゃないから飲み込まれることなく。

人の愚かさの産物や争いは
断ち切る勇気と決意を。

”世界平和”なんて言ったら大袈裟で
手の届かないモノみたいだけど、
かあさんの大切な人たちが、
そしてまたその人たちの大切な人たちが...
そうやってみんなが、
振り返った自分の人生を穏やかに物語り
”それでも生きて”きたことを幸せに思えたら。


3. 11


ほのさんが伸ばした
くりーむぱんのようなふかふかの手で、

いっぱい しあわせ つかみなさい

と願うかあさんと。


そんな親心をよそに、
”からだ”の授業で、
ただただ一生懸命、”横向きストレッチ”するほのさんと。
[PR]
by honohono1017 | 2015-03-11 20:15
<< ほのさん、4月の出来事。 新しい年。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧