ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

March

f0199379_1011244.jpg


こんな気分は
春一番に乗って消えてゆけばいいのに
夜の公園は
冷えはしないが砂嵐が舞う

という歌詞をかいた、くるりの岸田君は天才だと思う。

3月は、この「マーチ」という曲を口ずさむことが多い。

……
コートを脱ぎなよ
日の長さを喜びなよ
この街の小さな
夜は僕等を置いてゆく

……
これが夜空に浮かんでは
消えることはなくなるって事かい
今は昨日じゃなくて明日たと云う事
信じるだけなのさ


と歌は続く。


厳しい冬が通り過ぎようとして、
少し気持ちも緩むけれど、
移り変わる季節とともに、
いろんな思いや、あの人やあのことなどが
浮かんでは消え、
気持ちだけがここに取り残されそうになったり、
「春」という希望に追いつこうと焦ったり。

Marchは、そんな日々だ。
[PR]
by honohono1017 | 2013-03-29 10:31 | Life
<< 新年度も、チャレンジ! グラつくほのさんの歯と、研修会... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧