ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ほのさん5歳2か月の、ミラクル。

f0199379_11234041.jpg


先日、12月17日ほのさん5歳と2か月の日。

ほのさんは、はじめてパソコンに文字を入力する、
という偉業(!)を成し遂げました。

「伝の心」という意思伝達装置を使って、
ほのさんは、センサースイッチを操作します。

五十音の表をカーソルが行ったり来たりして、
自分で文字を選んで入力していくのだけど、
文字を音声が読み上げてくれるので、
字がわからなくても、よく見えなくても使えます。

大人用のソフトだし、
ほのさんにはまだちょっと難しいかなあ、と思いながら使ってみたんだけど。

最初は本人も、
なんだ、なんだ?
という感じで、様子をうかがっていたけど、
自分がスイッチを押すと、
なんやしらん、パソコンから声が聞こえてきて、
文字が入力されていってる、
とにかく、「なんか自分でやってる感」みたいなものが、
ほのさん自身にものすごくフィードバックされているようで。

ただただカーソルを移動していただけだったのが、
選ぶ、とか、やっぱりやめて戻る、とか、
濁点の字を選んでみるとか、
教えたわけでもないし、どうやってるのかもわからないけど、
とにかくいろんなことを自分でスイッチを押してやってみている様子は、
ちょっと、かなり、感動。

好きなようにやらせておくと、
かなーり長い文章(文字の羅列)を3行やって、

ほのさん、 。 とか 、 とかもあるんだよー。

なんて言ってみると、

どうやったのか、目にもとまらぬ速さで、

「名前を付けて保存する」

というメニューを自力で引っ張って来て、
名前をつける、
というミラクルを起こしたのでした……




自分の気持ちを自分で理解する、
それを文字におきかえて、自分で入力する

その本来の目的が果たせなくとも、
なにはともあれ、チャレンジすることの大切さよ!

いつもそれをほのさんに見せつけられてきたけど、
今回も、かなりキョーレツにやってくれました。。


やり始めたときは、スイッチすらあまりおさなかったのに、
「自分でやってる感」が入ってくると、
連打連打で、熱中して画面に向かっている様子は、
もうなんか、すごすぎて。




ほのさんの「内面」は、
かあさんが思っているより遥かに広く深く広がっていて、
それが「ふつう」というものにあてはまらない世界であったとしても、
ほのさんなりの表現方法を見つけて、
外の世界との繋がりを持たせること、
その機会をたくさん作ってあげなくちゃだなあ、と思いました。


そう、ほのさんの打った文字の羅列は、
「意味の分からない文章」なんかじゃなく、
ほのさんの、ミラクル。






f0199379_1027361.png



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村


このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2012-12-19 11:52 | Event
<< めりくり。 ほのさん、最近の趣味の巻。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧