ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

天高く、ほの肥ゆる秋。

10月に入ってすぐ、台風が来たり、
そのあと真夏の暑さになったりで、
気温の変化も著しく。

気圧の変動は、我が家の母子をノックダウンしかけましたが、
負けるわけにはいかん!とゆーことで、
なんとかやっております。

ほのさんは、台風接近中の中、
1時間に19回吸引という記録を打ち出しまして、
回数にしてみれば19回ですが、
カテーテルを置いたと思ったらまた次の吸引……
てな感じでして。

そんなに頻繁に座れるのもさぞ辛かろうと思うけど、
取ってやらんことにはね。

かあさんはかあさんで、
気圧が動くと、体の中じゅうを小さな針でくまなく突っつかれているようなムズムズ違和感、
背中から首にかけてコチコチに固くなって動かなくなる、
寒いんだか暑いんだかわからない皮膚感覚のおかしさ、
片頭痛、蕁麻疹……
おまけに花粉なのかしらん、体や目が痒い……
という、なんかもーじっともしていられぬ感じで。。

今日あたりはまた台風が近づくということで気が重かったけれど、
わりと穏やかに晴れて調子もそう悪くないので、
ほのさんの衣替えをしてみた。


すると、こんな懐かしいものたちがでてきたのです。


f0199379_15301744.jpg


ロンパースの洋服なんて見るのはもう久々だし、
サイズを見たら「new born」だって!
(いまじゃすでに「toddler」でもキビシーときがありますん)

パンダが愛らしい(?)スタイは、
まだNICUに入院中、
生まれてから100日目ごろの儀式「お食い初め」をやらしてください、とお願いし、
かあさんが鯛やら何やらを(金魚っていわれたけど)フェルトで作って持っていき、
このスタイをして、主治医のO先生や担当看護師Tさんたちと
みんなでお祝いしたときにつけた思い出深いもの。

その時に、担当看護師Tさんが、
かあさんが必死に搾乳して持って行っていた、
冷凍母乳を人肌のあたたかさにして綿棒につけ、
ほのさんの口に含ませてくれたっけ。



10月は、ほのさんの月。

もうすぐ、5歳。

いまだ、コレという栄養剤が見つからず、
ミルクを飲んでいるほのさんだけど、(ヤクルトもね)
スクスク育ってくれている。

春先には、体重が減少傾向だったけど、
この2か月で、1,5キロも増えた!

体重が増加するということは、
体が「ラク」であるということ。


天高く、ほの肥ゆる秋、かな。。



f0199379_1027361.png



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村


このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2012-10-04 15:52 | Life
<< 初リハ@療育センターにいってき... おだんごつくったどー、の巻。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧