ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「普通に生きる」ということ。

先日、「普通に生きる」という映画を観た。

すばらしかった。

重度心身障害児とよばれる子どもを抱える親たちが、
「福祉の受け手が担い手になればいい」と立ち上がり、
自らの手で「でらーと」という施設を作り上げる。

地域の中で「子どもの自立」を実現させていったことだけでなく、
親たち自身が自己実現していく姿も描かれており、
それはもちろん、
自分も、「超」がつく重症児を抱える親として観ても、
一人の人間として観ても、
とても素晴らしいテーマだったのだが。

それ以上に、
こどもたち一人ひとりの、
何ものにも代えがたい、輝く笑顔や、
そんな子どもたちと関るひとたちの様子がすばらしかった。


そして。

なんといっても、
子どもたちと親たちの、
何気ない、当たり前の、毎日の生活の場面が、
とても心に残った。

そこには、「ささやかな幸せ」が満ち溢れていた。



家族団らんの、食事の場面とか。

何気ない会話とか。

母親が、着替えをさせているところとか。

大きな体をおぶって、車に乗せるところとか。

そんな、何気ない日常のそこかしこに、

「いのち」とか、

「愛情」とか、

大切なものが、たくさん溢れていた。


f0199379_182754.jpg



ほのさんが、いすに座っている。
ひとりで、スイッチで遊んでいる。

かあさんは、台所で水を飲んでいる。




そういうことなんだ。


愛しい、日常。

普通に、生きている。





それから、ほのさんのこれからのこととか、
自分自身のこととか、

そうね、「自立」。

そんなことや、
いろんなことを考えて、
少し、苦しい。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2012-02-01 18:06 | Life
<< おにはそと、ってゆーか、おにたいじ。 なかなか、どうして。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧