ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

恒例クッション作りと共に現れる客人と、「いのちの誕生」の記憶。

このところ、いろんなことがあって、
少し、疲弊していた。

ほのさんの肺のコンディションも、
ちょっとも油断できない。

少し気が緩むと、
どちらかの胸に、カエル(痰が動く音が、まるでカエル……)が現れる。

「えがお」に通う、送迎問題も、
少しずつ動きはあるが、なかなか解決できず。

いろんな方法を試したり、交渉したりで、
かあさんの頭の中も、気持ちも、
ちょっと、いっぱいになってきていた。

今日、金曜日は、「えがお」に行く日だったけど、
色んな方々が知恵を絞ってくれて、
なんとか足は、確保できそうだったけど、
はじめての方法で、しかも「外出」となれば、
少しでも不安がある場合は辞めておく、
という「セーフティーファースト」が原則としてやってきたので、
今日は、おうちでのんびりすることにした。

自分が「いっぱい」になっていると、
何のために頑張っているのかを見失うことはなくても、
何を優先させていいのか、
「なにがなんだかわからない」という心境にもなって。

本当は、
お誕生日を前に、
ほのさんとふたり、
ゆっくり過ごしたかったのかも。



ほのさんは、「えがお」に行けなくてがっかりするかしらん、
と思っていたけど、

「またいけるし」

といった様子で、
とうさんに、

「おたんじょうびには、
おなまえいりの、
かあさんおてせい、くっしょんがほしいな」

と、言っていたらしく。

横向きをしたときに、
腕の下にいれるのに使うクッションなのだが、
去年のお誕生日にも、
使っていたものが破れてしまっていたので、
せっせと縫っていたのを思い出す。

いつも、どこかにほのさんの名前を刺繍して作ってきたが、

「おなまえいり」
と指定を受けたのは、
今年がはじめてだ。

f0199379_178584.jpg

いつものごとく、
デザインは、まったくの思いつき 笑

毛糸のお花のモチーフは、
小さい頃からほのさん愛用の帽子についていたもの。

茎と葉っぱにした、緑色のベルベットのリボンは、
かあさんが昔していたチョーカーのもの。

まあ、よく言えば、「リメイク」的な。

それで、お花を縫っている時に、
そうだ、名前は、漢字にしてみようかな、
とひらめいた。

そう、「帆花」 。

ほのさんの、花。

そう思ったら、ひと針ひと針が、
なんだかとても楽しくなって、
自然と、ほのさんの生まれた日のことを、
いろんなことを、思い出してきた。

大切な、たいせつな、
「いのちの誕生」のことを。

そんな時間が必要で、
いまのいろんな辛いことや、
乗り越えるべき壁が、
一体何のためなのか、
ゆっくり向き合うべきで、
ほのさんがきっと、「くっしょんつくって」と言ったのは、
かあさんにとっては必然だったのかな。


f0199379_17352078.jpg

できあがったクッションのラッピングが終わった頃、
ピンポーンと、突然の来客。

お誕生日をお祝いしにきてくださったカップル。

そういえば、去年も、
かあさんがクッションを縫っていた時に、
来てくださったなあ。

すっかり「おうちの子」になったほのさんは、
年々、たくさんの方に囲まれ、
たくさんの愛情を頂いて、
大きくなっている。

客人とともに、
いつしか、ほのさんの生まれた頃や、
入院中の小さかったほのさんの写真を、
一緒に見て、その頃の思い出話をすることになった。

最近、あまり出してきて見ることのなかった、
NICUに入院中に、
受け持ち看護師Tさんが作って下さったノートなどを、
懐かしく読み直したりした。


「H19.10.17(水) 日令0
体重 2830g 」

と書かれて始まったそのノート。

受け持ち看護師さんが、
1日1回1時間しか面会できない家族のために、
成長の記録を残してくれるものだが、
ほのさんが生まれてから日が経つにつれ、
かあさんやとうさんが、
自分の気持ちを長く書く日も増えていった。

客人のカップルは、

「ほのちゃん、生まれたときの写真、
とっても幸せそうなお顔をしている!」

と、嬉しそうに見てくださっていた。

それがとても、嬉しかった。



ほのさんが生まれた4年前の、
あの日に起きたことは
時が経っても、何も変わらないのだが。

事実が思い出となって、
記憶となるには、
そこに色々な経験が重なって、
「解釈」も変わってゆくんだと、つくづく。

かあさんの「解釈」を変えて、
次第に幸せに包まれた「H19.10.17」となってゆくのは、
いま、我が家を支えて下さる、
たくさんの方たちのお陰だと、心から。




お2人のおかげで、
お誕生日を目前に、
ほのさんの誕生の喜びに包まれることができた。

ほのさんの、お誕生日まで、
あと、3日。
[PR]
by honohono1017 | 2011-10-14 17:55 | Event
<< 4歳になったどー。 それが「生きている」、ということだ。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧