ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「えがお」で、散歩。

金曜日、2回目の通園。
元気に「えがお」に行ってきました。

f0199379_17573492.jpg


「送迎問題」は相変わらず、
解決の糸口もなく、
とうさんが(喜んで)お休みして、
みんなで行きました……。

道をおぼえなきゃならんのに、
工事中のところがあって、迂回などし……

f0199379_1981335.jpg


無事にとうちゃーくー。

f0199379_1991998.jpg

ほのさんは2回目にして、
すっかり慣れた様子で、
ついてからずっと、大きな声でおしゃべりし、
お顔もとっても、ごきげん。

f0199379_19104128.jpg

酔芙蓉のお花も、
見事に開いて、
ほのさんを、お出迎え。

ほのさんが松潤ファンなので、
嵐のCDをかけてくれてました。

ほのさんは、「えがお」にきたら、
看護師のKさんがみてくれる、とわかってきたようで、
お腹を押しておしっこを出すのが、結構難しいけれど、
Kさんにお腹を押してもらって、
ちょっとずつ出していたよ。


f0199379_1914429.jpg

お昼には、愛情たっぷりの
手作りおにぎりを、いただきました……。

午後は、とうさんのすすめもあって、
かあさんは、「えがお」の近辺を、
少しお散歩することにしようかと。

f0199379_19395596.jpg

もちろん、ほのさんのお許しがないとダメなので、

ほのさん、かあさんすこし、
おさんぽしてこようと、おもうんだけど……

と、言い終わるかおわらないかのうちに、
ほのさんは

ふんふんー。

と、大きな声で

いってらっしゃい。どうぞ、どうぞ。

と言ってくれました。

そのお返事があまりに早くって、
あれれ、ほのさん、ちょっと強がっていないかな……
と、ちょっと笑ってしまったけど、
ほのさんも、「えがお」に来て2回目で、
かあさんをお散歩に行かせてあげた、となれば、
自信もつくだろうし、

ほのさん、おねえさんになったね。

と言って褒めてやれるし……

とか、
まあ、結局、
かあさん自身も、
なんだかんだと理由をつけないと、
なにか不安というわけではないけれど、
思いきってほのさんをおいて出れない……
というのが、ホントのところだったのかな。。

「えがお」のみなさんに、
どこにどんなお店があって、どんな道で……と
いろいろ教えていただいて、
念のため(読めない)地図を片手に、
思いきって、初散歩へと出かけたわけです。

f0199379_19463655.jpg

まずは、梨園の間の細い道を行きました。


自宅の最寄り駅から3つしか離れていないところですが、
最寄り駅付近もまだあまり知らないので、
当然、このあたりもはじめての町。

ほのさんが「えがお」に通うことにならなかったら、
この道を歩くこともなかっただろうな……
なんて思いながら、
一歩いっぽ踏みしめながら歩きます。

f0199379_19495018.jpg

もうすぐ線路が近いのでしょう、
かすかに踏切の音が聞こえる一本道は、
なかなか風情があります。

ちょっとした、旅行気分。

f0199379_1953671.jpg

線路、は、
希望。

どこまでも、つづく。

O駅付近の商店街は、
小さい古いお店が軒を連ねて、
結構、活気があります。

いまはあまり見かけなくなった町の電器屋さんとか、
写真屋さんとか、呑み屋とか、
「ブティック」って言うような洋服屋さんとか……
見てるだけで、わくわくします。
(ほのさんのところに、デジイチくんを置いてきたことを、少し後悔……)

途中、日用品を買う用を思い出して、
とこにでもあるおなじみの100均ショップに立ち寄ったところ、
有線などではなく、
珍しく山崎まさよしのアルバムと思われるものが流れていて、
それがなんだか妙に心に沁み、
初散歩の静かな感動を、
ひとり、店の片隅で涙こらえて噛みしめる……
という、
はたから見たらただの怪しいオバサンです。

f0199379_2024888.jpg

自分の怪しい姿に少しハッとして、
そうだ、みんなにお土産を買おうと、
和菓子やさんに立ち寄ったところ、
まだ何も買うと言っていないのに、

お茶を淹れましたのでどうぞ。

と店員さんが、
お茶と大福を出してくださいました。

初散歩の感動テンションが再び上がり、
ほんとうにありがたく、いただいたわけです。

(写真を撮ってもいいですか、と一応店員さんにお尋ねしたところ、
ブログですか~、となんだか笑われてしまい、
ものすごく恥ずかしかったです。。)

和菓子の十万石さん、
すばらしいサービスをありがとうございます。。



お土産もゲットし、
来る道で気になった喫茶店で一休みすることに。

f0199379_207597.jpg

どうです、この外観。
立ち寄らないわけには、いかない。

f0199379_20103325.jpg

店内も、すばらしく、「喫茶店」の雰囲気。

どうやら1972年創業らしく、
かあさんよりも、歴史があるっ。

マスターの初老の男性は、
ピシッと蝶ネクタイを締め。
いいですね、ひじょーに。

初めて来て、なかなかカウンターには座れないもので、
カウンターが見える席から、
マスターが珈琲を淹れる姿をストーカーのごとく眺め、
気付かれそうになると、鏡越しに……と、
本当に、「喫茶店」って、いいですよね。
常に湯気の立ち上っている様子なんかを眺めていたら、
きっと、一日中、居ちゃうんでしょう。。

f0199379_2017205.jpg

せっかくだから、いつも飲まない珈琲をと、
モカマタリをオーダーしてしまいましたが、
よくよく考えたら、かあさん、
酸味、苦手だったんですよね……。

でも、酸味、といっても、
決して嫌な感じじゃなく、
なんというか、味わい深く、思い出深い味となりました。

確か、このカップは、

「TRUE LOVE」ってヤツじゃ、ないですか……。

そして、何度か鏡越しにカウンターを見ていて気付きました……
f0199379_2022216.jpg

鏡の右下のイラスト……

フランス語で「休息」を意味する、店名に由来するキャラ、
ルーちゃんと、ポーちゃん……。

なかなかのセンスです。

いまどきのオサレカフェーもいいけれど、
やっぱり、味のある「喫茶店」の雰囲気は、
なんともいえない時間を過ごせます。

(これから、金曜日にはたびたび、
この喫茶店に足を運んでしまう、予感……)



およそ1時間の、かあさんの休息。

「えがお」さんとのご縁で、
歩くことになったこの道や、
珈琲の味や、
9月の終わりにしては暑い日差しとか、
いろんなことを思う間にポッポッと浮かぶ、
ほのさんの可愛らしい「えがお」……

これから長く「えがお」にお世話になる中で、
きっと今日のことは、
忘れられない「お散歩」になるでしょう。


f0199379_20292769.jpg


再び、「えがお」に戻ると、
ほのさんは元気な声で

おかえり、かあさん。
あたし、いいこにしてたわよ。

と、迎えてくれました。

かあさんは、ほおずりしました。



こうしてだんだん、
「えがお」さんにお世話になって、
ほのさんは、おねえさんになって、
かあさんも、「ほのさん離れ」していくんだな。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-10-02 20:33 | Event
<< 女子力UP、大サクセーン。 『えがお』へ GO !! >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧