ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

サヨナラから、考えることetc.

サッカー元日本代表、松田直樹選手の急逝のニュースは、
衝撃だった。

かあさんと、ほぼ同年代、
松田選手がマリノスや日本代表で活躍していた頃、
熱心にサッカーを観ていたこと、
競技場まで足を運んでいたことなど思い出した。

まっすぐにサッカー人生を歩んできたご本人はもちろんのこと、
一緒に闘ってきたチームの方々は、
本当に残念でならないだろう。


葬儀のとき、
松田選手のお母さまの挨拶が、
とても立派で、
せつなかった。

直樹は最後までがんばった。
だから、自分もがんばらなくちゃ。

と。




運命とかそういうの、
よくわからないけど、
いのちのゆくえは誰にもわからないし、
どんな風に生きるかということは、
死そのものなんだろうと思う。






大切な人を亡くすことは、
想像してみたところで、
なにひとつ思い描きようもない。

そのときに、
自分が立っていられるのかすら、
わからない。

そんなことはいま、
考える必要のないことだと言われるかもしれないが、
逆にそれが、
いま生きている、
という実感だったりもするから厄介だ。

だとしたら、
サヨナラのことや、
サヨナラから考えることは、
悪くない。



そんな風に、ここのところ、
自分の気持ちをもてあますほどの日々を送っているのには、
わけがある。

いや、ほのさんの体調は、
小さな波はあるものの、
おそらく1年を通して1番穏やかだといってもいいくらい、
落ち着いているのだ。

そのうえ、
ほのさんの在宅生活をはじめて以来この3年、
常に願ってきたことが、
もうすぐ叶いそうだという、
すばらしいニュースもある。

その願いのために、
できる限りの努力もしてきた。

ほんとうに夢のような話である。

嬉しくないはずがない。

それなのに、
どうしてこんな気持ちでいるのか、
この1週間、ずっと考えた。

人の気持ちとは、フクザツなもんだ。

よくわからない。

いや、色々なことが思いつく。
思いつくのだけれど、
どれもこの心境を説明しきるに、
必要十分な答えにには、ならない。





ほのさんは、生まれたその時から、
「生か死か」という究極の2択をせまられた。

おうちで生活するなんて、
誰も想像しなかっただろうし、
こんなにも健やかに成長し、
バギーも小さくなり、おうちも狭くなって引越した。

もうすぐ、あのいのちの誕生から、
4年が経つ。



ほのさんはいつも、
自分が「生きていく」というために、
自分で選び、
必要なものを得、
自分の人生を、
自分自身の手で、
切り開いてきた。

そんな彼女のいのちの強さがあったからこそ、
支援してくださる方が現れたのだと思うし、
そうやってほのさんがここまで生きてこれたのは、
彼女の持って生まれた才能だと思う。


ほのさんだけではない。

本来、人は、
そうやって生きていくんだろう。



そう思って、自分の人生に照らしてみると、
どうだろう。

するとなんだかとたんに、
のんべんだらりと、
薄らぼんやりした中を歩いているような気になる。

確かに、
さすがに「ほのかあさん」としてのアイデンティティーは、
少しの緊張感もあるし、
時には120パーセントの力も出るだろう。

だが、自分自身は100パーセント「ほのかあさん」で
できているのではない。

「ほのかあさん」を含めた自分という人間が、
この先、どうやって生きていくのか、
ということを、
この大きな変化の時に、問われているようでならない。

もちろん、
何かの旗を立てて「〇〇はじめます」というのではない。

本当に、抽象的で、
自分にしかわからない「心持ち」のはなし。
(出た!心持ち……)



あたしは、こうするけど、
かあさんは?


ほのさんから、そんな声が聞こえるのだよ。



とにかく、この夏の終わりからまた、
ほのさんの周りが、
あわただしく、
楽しい変化が起こる。

それを報告できるよう、
とにかく着実に、楽しく進んで行こう。



それでも心の中で、
こんなしちめんどくさいことを考えてしまうのは、
かあさんの、「自分らしさ筆頭」
と考えれば、
座りはよいかな。




読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-08-10 12:03 | Life
<< 熱い出会いの、3日間。 立秋の、心持ち。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧