ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「かにさんしょちゅーみまい」

f0199379_9545067.jpg


ほのさんから届いた、
とうさん宛の、暑中見舞い。



今週の火曜日、
訪問看護師Nさんが、おもむろに、

「このはがきに、住所と、
おとうさんかおかあさんの名前を書いてもらえますか?」
と言われた。

そして、Nさんはこう続けた。

「それで、今日のおはなしの会は、
おかあさんはあっちに行って、見ないでもらえますか?」




おおっ。

これは、かあさんにもナイショで、
Nさんと一緒に、ほのさん、
何か作ってくれるのかしらん……。




「おはなしの会」とは、
週2日、訪問看護師さんが来てくれた時に、
絵本を読んだり、手遊びをしたり、工作をしたり……
という、ほのさんが最も楽しみにしている時間なのだ。

いや、ほのさんだけではなくて、
かあさんも、実はものすごく楽しみにしている。

基本的に、Nさんがいらしている時は、
ほのさんを預けて、
かあさんは、本を読んだり、書いたり、
自分の時間に使うようにしているのだが、
おはなしの会お決まりのオープニングソングが

「かーみしばーい かーみしばーい……♪」

と始まると、
おおっ、今日は何をするのかしらん……と、
聞き耳をたててこっそり様子をうかがい、
結局、途中でがまんできずに、ベッドサイドに行って、
一緒に参加させてもらったりしている。



だから、

「今日はおかあさんは、見ないで」

と言われたのは少し残念ではあったが、
その分の「サプライズ」に期待を寄せて、
「見ざる」「聞かざる」に徹した。

まあ、それでも、
Nさんとほのさんが、楽しそうにわいわいやって、
ほのさんの、
「ふーん、ふーん」という声や、
Nさんの、
「じょーず!」という声とともに、

「ビリッ、ビリッ」

という音がしてくるので、
かあさんも、そりゃあ、むずむずしていた。



おはなしの会が終了すると、

ほのちゃん、とってもがんばっていました。
長い時間の作業だったけど、だいぶ慣れてきたみたいで、
嫌な顔もしませんでしたよ。

と、Nさんが教えてくれた。


ほのさん、あとでこっそり、
かあさんにおしえてくれる?

と言うと、

……。


Nさんが、
それは、届くまでの、お楽しみよね、ほのちゃん、

と、黙ってしまったほのさんに、
助け舟をだしてくれた。



結局、
翌日の晩、とうさんが仕事帰りにポストをのぞくと、
「かにさんしょちゅーみまい」が届いており、
とうさんはもちろんのこと、
かあさんも、
ああ、これをほのさんは一生懸命作っていたのか……
と思うと、嬉しくて、可愛くて、
2人してほのさんを撫でまくる、
とゆー、酷い親バカっぷり。



おとうさんかおかあさんの名前を宛名に書いて、
と言われた時に、
迷わずとうさんの名前を書いたけれど、
こんなに可愛い暑中見舞いなら、
かあさん宛にも欲しかったな……
と、うっすら悔しいかあさんです。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-08-05 10:13 | Life
<< 立秋の、心持ち。 エッセイ連載 第4回、5回 の... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧