ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NICU卒業生注目、の講演。

昨年8月、このブログでも読後感を紹介した本、

「救児の人々 医療にどこまで求めますか」
(熊田梨恵著 ロハスメディカル)

そのときのブログはコチラ

以前も書いたように、
色々な問題提起がなされていて、
かあさん自身もかなり考えさせられた本だが、
その著者の熊田梨恵氏が、
講演をなさるそうです。


日時 平成23年6月21日(火曜日) 18:00-19:30
場所 大森キャンパス医学部第2講義室
   (他キャンパスで中継あり)
講演内容
18:00-18:30
「東邦大学周産期人材育成事業について」
東邦大学周産期人材育成推進室 室長 広田幸子

18:30-19:30
「記者が見たNICU~高度医療と福祉サービスのギャップ」
ロハス・メディカル論説委員
関西版「それゆけ!メディカル」編集長 熊田梨恵


東邦大学周産期人材育成推進室
TEL 03-5763-6551(内線2101)
mail shusanki(アットマーク)@jim.toho-u.ac.jp


詳しくはコチラ


この本や、自分が昨年持った感想を読み返して思うことは、
新生児医療のあり方について、
あるいは、倫理観や死生観について、、
いのちを支える社会システムのあり方について、
医師は医師で、
患児家族は家族で、
それらを客観的にみる記者などの立場の方はその立場において、
いろいろなことを思い、悩み、
その中でそれぞれの職務や生活に向きあっているが、
それらをどうすり合わせて、
より良い社会を、
どんないのちであれ、
そのいのちのある限り幸せに生きることができるか、
という「協同」について、だ。

ほのさんは、NICU卒業生。


あの日のブログに、
非公開でコメントをくださった、
NICU卒業生のお子さんやのおかあさまたちも、
元気に生活していらっしゃるかな。


どんな講演がなされるのかな。


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-06-17 11:15 | News/Report
<< ほのさんの日&とうさんの日。 ふたつのいのち、の実感。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧