ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ふたつのいのち、の実感。

f0199379_13412726.jpg


あたし、げーりー、
なおったみたい。
つらかったけど、がんばったわー。


朝から楽しいバスタイムを過ごしたほのさん。

お腹が落ち着くと、
不思議と痰の調子も良くなり、
久々に穏やかな時間。

ほのさんが、お風呂上りのミルクを飲んでいる間、
DVDを観た。


「殯の森」 (河瀬直美2007年)

「殯(もがり)」とは、
敬う人のいのちを惜しみ、
しのぶ時間のこと。

また、その場所の意。

語源に、
「喪あがり」喪があけるの意味があるという説も。


おそらく、その土地に古くから伝わる、
死者を見送る行列の映像からはじまる。

そして、場面はうつり、
のどかで小さなグループホーム。

そこで暮らすしげきが、
33年前に亡くなった妻の姿を追い求め、
それに寄り添う職員の真千子が、
共に墓参りに出かける。

セリフもほとんどなく、
墓参りの途中で迷った深い森の中でのシーンがほとんどで、
それを観て何を思うかは人それぞれだと思うが、
「人の死」というものの、
抽象的で感覚的なものが描かれているように思った。



冒頭のグループホームでのシーンで、
お坊さんのお話を聴く、という時間があった。

そこで、「私は生きているのか」という問いを、
認知症を患うしげきが、お坊さんに、
独り言のように話す。

すると、お坊さんは、
『「生きている」には2つある。
ひとつは、「ごはんを食べていますか」「おいしいですか」ということ。
これは、ほとんどの人が「はい」です。

そして、これとは違うもうひとつが、
「なぜか生きている気がしない」
「生きている意味がわからない」
「めあてがわからない」、
つまり、「生きている実感がない」という意味。

「虚」ということ。
生きているのかどうか朦朧としている、ということ。

では、その「虚」をどうカバーするのか。

手を握ってみてください。
あたたかいですか。
エネルギーが伝わっていくのがわかりますか。
それが、「生きていることの実感」なのです。

生きているというのは、「実感」なのです。』


このように諭した。




「息をしているのかどうか」という、
生物学的ないのちと、

「生きている実感がある」という、
人間らしいいのち。


しげきは、亡き妻の姿を追い求め、
幻ばかりをみては、
自分の生きるめあてを失っている日々のように見えるが、
妻の「殯」の場所を訪ねることで、
生きいきと、
自分の生を感じたのかもしれない。

また、そのしげきの「殯」の時を共有することで、
我が子を亡くす、
という辛い経験のある真千子も、
次第に自分のいのちを実感したに違いない。




愛するひとと、
さまざまなことを共有する時間も、

その人を失ってから、
思う時間も、

どちらも尊い、時だろう。

残された人が、
逝ってしまった人となお、
「殯」の時を、
共有しているように、
実感するのだから。




ほのさんと、
手を繋ぐ。

あたたかい。

ふたつのいのちの、
実感。




読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-06-16 14:29 | Life
<< NICU卒業生注目、の講演。 今日の、つれづれ……。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧