ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

17日、ほのさんの世界、広がれ∞。

17日。
ほのさん、3歳と7ヶ月の日。

なんだかこの何日か、
急にぐーんと身長が伸びたような気がしていたが、
訪問リハビリの先生にも、そう言われた。

130cmの新しいズボンを出してきて、
いやあ、さすがに丈、長いでしょ、
でも裾を折ると、レースとかいちごのワンポイントとか、
見えなくなっちまうなあ……
と思いつつ、はかせてみたら、
見事にぴったり。

ほのさん、足、ながっ!

f0199379_1557139.jpg


で、得意になって、足、組んでみた(うそ)。

訪問リハビリの先生が、
「じぶんのからだを、いっぱい、かんじてみようね」
と言って、初めて足を組んでみた、ほのさん。

目を開けて、キョロキョロしながら、

あれ、なんだかふしぎだわん。

といいながら、初めての体勢を味わっていたよ。

その後、両膝を抱えるような格好で、
それぞれの手で、それぞれの膝小僧をなでなでしたりして、
「あたしのからだ」を、興味深げに探索したほのさん。

先生が、「ほのちゃん、どう?」「いたくないですか?」
などと、ほのさんに返事を求めると、
「うーん」「うん、うーん」というように、
何種類かの声で、ちゃあんとお返事していた。

筋肉や筋などが固くなっている腕などを伸ばす動きのときは、
「痛い」まではいかないので、嫌がりはしないのだが、
声にならない吐息のようになって、
「あたし、ひっしだもん、がんばってるもん」という風になり、
一生懸命感、満載になる。

頑張ったあと、別な動きに変わると、
少し疲れたのか、気が遠くなったのか、
先生が何を問いかけても、
気が抜けたような表情で、お返事がなくなったりする。

そして、しばらくすると、
また、ほのさんなりに、探索をまたはじめだす。

毎回、約40~50分の、訪問リハビリ。

今日は、中盤で、
顔を赤らめて、サチュレーションを少し下げた。

痛いような動作をしているときではなかったし、
吸引をした直後だったから、
痰が上がってきて苦しい、というわけでもなさそうだったのだが。

先生は、
「いろいろな刺激が入って、それを感じると、
何かを表現したいとか、動かしたいとか、
それができなくて、ストレスになったり、
もどかしい、ということもあります」
と。

なるほど。

かあさんは、ほのさんの声や、表情や、様子で、
何を言っているのか、
どんな気持ちなのか、
なんとなくわかっているつもりだったけど。

Yes、No、とか、
痛いとか、
嫌だ、とか、
気持ちって、
そんなに単純なものだけじゃ、ないもんね。

「もどかしさ」か。


ほのさんの世界、
広がれ∞。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-05-17 16:25 | Care
<< ほのさん、試乗の巻。 束の間のリフレッシュと、あるL... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧