ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今年の、桜。

震災からちょうど1ヶ月が経った昨日、
夕方、また大きな余震があった。

天災だけに、どうしようもないのだけれど、
これ以上、大切ないのちを奪わないでほしい、
と願うばかり。

ほの家方面は、震度4で、
かなりグラグラっときた。

ちょうどそのとき、ほのさんはサチュレーションを下げて、
酸素2リットルも入れながら、
吸引の真っ只中。

体を半分ひねって、ほのさんの喉元の吸引をしていたかあさんは、
思わずよろめき、ほのさんのベッドの向こう側の柵につかまった。

体位ドレナージをしながらの吸引だったので、
ほのさんの体位は、クッションなどを入れ込んではおらず、
不安定で、ほのさんの頭がグラグラ揺れていた。

とっさに、何を優先させるべきか迷ったが、
ほのさんの上に倒れこむものも無く、
部屋の中も、他に崩れるものもないのは確認済みなので、
ほのさんのサチュレーションを復活させることを一番にし、
部屋も自分も揺れる中、
さらにほのさんを揺さぶっては吸引し、
なんとか大きな痰を確保して、
酸素を0.25までおとしても、
サチュレーションをキープできるようになった。

地震だけでも不安なのに、
その上、ほのさんの体調が落ち着かないとなれば、
心配事だらけになってしまう……。

もちろん、打てる手は打って、
そして、照る日を待って、
降る日を、やり過ごす、というように、
腹を据えることも、大事だな。



「照る日」と言えば、
日曜日、ほのさんはおともだちのひいちゃん一家と、
今年の桜を見に行って来た。

震災もあったし、
今年は開花が遅かったのに、急に満開を迎えたこともあって、
行くのか、行かないのかも、いつ、どこで、も、
なにもかもノープランだったのだけど、
春の、この時しか見られない、
桜の咲き乱れる姿を、
ほのさんにどうしても見せたかったし、
ほのさんも、みたい、みたい、
と言うので、
それならやっぱり、思い出の場所、
ひいちゃんとは2回目、
ほのさんは3回目の、
あの公園に行こう!ということになった。

急だったので、2人のバギーがそのまま乗り込める、
市の福祉車両はレンタルできなかったけど、
色々試行錯誤して、
2台の車で向かうことになった。

朝、準備をしている頃は、
薄曇で、風も冷たかったけど、
ドライブして、車窓からあちこちの桜を楽しんで、
公園を目指して走っているうちに、
お日様も照ってきて、気持ちも高まった。

公園は、1年前と少し変わっていて、
遊具ができていたりしたけど、
昨年とほぼ同じ場所に陣取り、
イスやテーブルも出して、
桜の見えるところに2人のバギーを落ち着かせるのも、
もう、手馴れたものだった。

f0199379_12302.jpg


ひいちゃん、おはよう。
さくら、きれいだわね。みえるかしら?

ほのさん、おはよう。
はれて、よかったわね。
さくら、きれいね。よーく、みえるわよ。

f0199379_126139.jpg


今年のお花見の、
はじまり、はじまり……



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-04-12 18:12 | Event
<< ついに、この日が…… 合言葉は、『また、来年』。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧