ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の、ほのさんの親孝行事情。

最近、ほのさんの親孝行な行動が、
またひとつ、増えた。

「かあさん、さっぱりこん、してくれば。」
と言うのだ。

「さっぱりこん」とは、お風呂のこと。
(入浴介助をしてくれる訪問看護師Iさんの、口癖。)

毎日、というわけにはいかないのだが、
ほのさんの体調が良くて、ご機嫌がいいときに、
とうさんが仕事から帰ってくる前に、
あたしだったら、いいこにしているから、
ひとあしさきに、おふろにはいってくれば、
と言うのである。

昨年11月に引越しをしてから、
それまでバイク通勤で、所要時間40分だったとうさんだが、
いまは、電車通勤、1時間半になってしまった。

だから、とうさんの帰りは、以前より遅くなり、
それにともなって、当然、夕ご飯も遅くなり、
ご飯が済んでから、お風呂にはいるので、
寝る時間も遅くなる。

全部がずれこんで、
結局は、とうさんかあさんの睡眠時間がますます削られていくのだ。

それで、ほのさんなりに考えたこと。

20分ばかし、
自分がいい子に待っていれば、
かあさんが、先にお風呂に入れる!
と、思ったのだろう。

毎日の生活の中で、
掃除をしたり、洗濯をしたりして、
ほのさんのとこから離れることは当然あるのだが、
なんとなく、ほのさんと2人きりの時に、
お風呂に入ってしまうことは、
心配だし、なんかあったときに「すぐに」対応する、
ということができないから、
これまでは、とうさんがいる時に、
必ず交代で入るようにしていた。

でも、ほのさんが、
「かあさん、さっぱりこん、してきたら」
と言うので、
ほのさんがそう言うなら、
2人でチャレンジしてみようと、
モニターを洗面所まで伸ばして、音量もUP。
直前に吸引、聴診して、「だいじょうぶ」となったら、
急いでかあさん、お風呂に入る。

とうさんがいる時のように、
ゆっくりリラックスしてお風呂であったまる、
というわけには、いかない。
絶えず、モニターの音に耳を澄ませている。

それでも、
ほのさんと2人でできることが増えたのは、
なんだかとっても嬉しいし、自信になる。

ほのさんも、とても嬉しそうで、
とうさんが帰ると、

「かあさんに、さっぱりこん、してもらったの!」
と得意げに報告し、褒めてもらっている。





週に1回、あるかないかの、こと。

こんな、些細なこと。
でも、とっても、おおきな、おおきな、
親孝行。


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-02-11 11:33 | Life
<< 新幹線viewカフェにて。 おにゅーのおずぼん。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧