ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

待ちにまった、七五三パーティー その2

いちばんに、とうさんの着付けがおわり、
とうさん、とっても嬉しそう。

f0199379_1039438.jpg


本日の主役、ほのさんも、
着物姿のとうさんを見ると、
はやく、あたしにも、きせて。
と、焦ってきた様子だけど、
体温保持や、着物を着ていることの負担を考えて、
次は、かあさん、
最後に、ほのさん、
という段取りを組んでくださっていた。

ということで、
髪型だけ、着物用にチェンジ!

f0199379_10475665.jpg


それじゃあ、ほのさん、
かあさん、きつけ、してくるよ。

玄関ロビーに移動して、
かあさんが着付けをしてもらっていると、
ほのさんが、
あたしも、はやくー。
と唸り声をあげているのが、聞こえてきた。

それを聞きながら、
かあさんは、可愛いな、嬉しいな、
と、幸せいっぱいで、
お腹やお尻にタオルやら何やらいっぱい詰め込まれながら、
着物をあっという間に、着せていただいた。

ほのさん、おまたせ、
かあさん、どう、にあう?
ほのさん、きつけのまえに、
きゅういんして、さっぱりしようね。

かあさん、おきもので、
きゅういんできる?

f0199379_10523513.jpg


しんぱいないわよ、ほのさん。
かあさん、どんなだって、できるわよ。

吸引して、さっぱりしたあと、
ヘルパーさんたち3人に取り囲まれて、
あっという間に、着物を着せてもらったほのさん。

あっという間だったし、
取り囲まれていたので、
ちゃんと、写真を撮っていなかった……

着物は、上下にわかれていて、
下の部分は、開いた足がきつくないように、
巻きスカートと状になっている。

上下が着れたら、
被布を着て、完了。

3歳の子の、
この被布が、なんと可愛いことか!

ヘルパーT(メンズ)さんに抱きかかえられ、
その後を追って、呼吸器と回路を持って、とうさんが追いかけ、
ソファーでスタンバッっているかあさんが、
ほのさんを受け取り、抱っこ。

その素早さも、見事!

無事、かあさんのお膝に着地したほのさんに、
かあさんは、着物とおなじ、
朱色系の口紅をさしてあげた。

f0199379_1102225.jpg


たくさんのお客さんの前で恥ずかしいけど、
かあさんは、涙を堪えきれなかった。

なんども、なんども、
ほのさんを抱っこしてきたけれど、
今日のほのさんは、
とっても綺麗で、
とってもお姉さんで、
とっても立派に見えて、
涙が溢れて、とまらなかった。

せっかくの晴れ着。
おめでたい、お祝いの日。

涙は似合わないとわかっていながら、
ほのさんの健康と、これからの成長を祝う行事でありながら、
かあさんは、ほのさんと、みなさんから、
とっても大きな見えないご褒美をいただいたみたいで、
こんな気持ちになったのは、
はじめてのことだった。

f0199379_1141773.jpg

ほのさん、ほのさん、
あなた、とっても、きれいよ。
ほんとうに、きれい。
ほのさん、ありがとう。

かあさん、どうして、ないているの。
ほら、あたしみたいに、
わらってみせて。

そうね、ほのさん。
わらって、かぞくしゃしん、とりましょうね。

f0199379_11171068.jpg

ほのさん、ほのさん、
かわいいよ、きれいだよ。

うふふ、とうさん、かあさん、
あたし、とってもうれしいわ。
きもの、とってもきれいなんだもの。

ほのさん、ほのさん……

とうさん、かあさん……




ほのさんが生まれて、
かあさんは、
「ありのままのほのさんが好きだ」と心から思った。

それでも、元気な子とは、
成長の仕方も違うし、
できない体験もあるし、
親としても、味わえないこともあるだろう、
なんて、なんとなく思っていた。

でも、それは違うな、と思った。

ほのさんは、立派に成長している。
その成長を、親としての喜びとして、
感じさせてくれる。
それ以上のことが、あるだろうか。
あるだろうか。

かあさんは、ほのさんのかあさんでなかったら、
自分の子を、誰かと比べたり、
喜ぶべきことを、
ちゃんと喜ぶべきこととして、
感じる親でいただろうか。

ほのさんは、ほのさんのいのちを、生きている。
そのこと自体が、このうえない、喜び。
そんないのちの母であること、
このうえない、幸せ。

そして、たくさんの方に、支えられている。
この喜びを、わかちあえる、
たくさんの方に。

f0199379_11381211.jpg

ほのさんが、特別なのではない。
どのこも、みんな、
大切な、大切な、いのち。

ほのさんがたくさんの方に成長を見守っていただいて、
かあさんが、ほのさんの子育てを、
たくさんの方に助けていただいているように、
どの子も、みんなで大切に育まれていかなきゃ、
いけないんだな、と思う。



このあと、おじいちゃのばあちゃんやみなさんに、
かわるがわる抱っこしてもらった、ほのさん。

かなり長時間、布団もかけずにいたから、
体温が心配だったけど、
やっとベッドに戻ったときには、
奇跡の36.6度。

こんなことは、滅多にない。

抱っこしてくれたみなさんの温もりと愛情を、
ちゃあんと感じていたんだね。

親友のひいちゃんに、
着物姿を一番見せたかった、ほのさん。

f0199379_1145991.jpg

ことしは、ひいちゃんのばんね。
たのしみだわね。

そうね、ほのさん。
たのしみだわ。




(つづく)



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2011-01-25 11:52 | Event
<< 待ちにまった、七五三 番外編。 待ちにまった、七五三パーティー... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧