ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ほのさん誕生秘話 ~もうひとつのストーリー 番外編2~

NICU担当看護師Tさんの届けてくださった、

「ほのさんとほのかあさん、ほのとうさんが家族になるお話」

番外編、つづき。


2007年11月7日。

いよいよ、ほのさんが生まれてから行った検査結果が出揃って、
その説明を聞く、という晩。

鎮静剤を切っても、
ほのさんは来る日も来る日も、目を覚まさなかったから、
とうさんもかあさんも、
おそらくは、ほのさんの脳は、
ダメになってしまったのだろうと、
うすうす、気付いていた。

だけど、この日に、
きちんと主治医のO先生から説明を受けるまでは、
「猶予」が、あった。

「ひょっとしたら」という、
ありもしない希望を持っていられる、
「猶予」が。

だから、主治医のO先生をはじめ、
たくさんのスタッフの方々がいらしたカンファレンスルームに入ったときは、
もう、どうでもいいから、
言っちゃってくれ、
早いところ、
とどめをさしてしまってくれ、
そんな、気持ちだった。



この、11月7日の日のことは、
その後も、
なんども、何度も思い出した。

静まり返った部屋の、静寂の騒音が痛かったこと、
残酷な、検査結果、
それを揺るがぬ事実として示す、画像などの検査データ……

「脳死ということですか」と、
とうさんがひとつだけ質問をし、
「子供の場合は、そのようには呼びません」と回答されたこと。

このストーリーにも書かれているように、
説明を受けた後で、
ファミリールームでひとまず休ませてもらって、
とうさんと2人、声をあげて泣いたこと。
その後の、看護師Tさんとのやりとり……。

ショックが大きかった割には、
どのことも、ほとんどクリアに記憶している。

なのに。


このストーリーを読むまで、
主治医のO先生が、検査結果の説明をする前に、

「私たち小児科医がどんなに組成をしても、全く反応を示さない子もいるなか、
ほのかちゃんは私たちがいつもやる、ごく普通の蘇生で戻ってきてくれた。
何も特別なことはしていなくて、自分の力で戻ってきてくれた。
本人の生きる意志というのは、医師がしてあげられることではなくて、
本人の力だと思う。
ほのかちゃんには、生きる意志を感じている。」

と、口火をきったこと、
この3年近く、
1回たりとも、
思い出すことができなかった。

でも、このストーリーを読んだときには、
みるみるそのときの記憶が蘇り、
O先生の表情、ニュアンス、何もかもを、
鮮明に、
思い出したのである。


これを読んで、
O先生のこのことばを思い出して、
かあさんは、少し、震えた。

そして、
涙が、
溢れた。

いろいろな感情が、押し寄せた。

こんなに大切なことをO先生がお話してくださっていたのに、
あのときの自分は、
ほのさんの「生きる意志」という尊いものよりも、
この先ほのさんが、
目覚めるかどうか、とか、
脳の機能がどの程度のこっているかとか、
そっちのほうが大事たと、
思ってしまっていたこと。

脳がダメなのに、
ほのかちゃんには「生きる意志がある」
なんて言われても、
と、きっと思ってしまっていたこと。

ほのさんが、
どれだけ「生きたい」と願っているか、
そのことにちっとも、思いを馳せてあげられなかったこと。

そもそも、
「生きる意志」とか、
それがなんなのか、
どんなに尊いものであるかということすら、
ちっとも、わかっていなかったということ。

O先生が、あの日、あの宣告の時に、
ほのさんの「生きる意志」について、
わざわざお話くださったことの意味について、
全く考えられなかったこと。

Tさんのストーリーを読むまで、
このO先生の大切なことばを、
これまで1回たりとも、
思い出すことができなかった、ということ。

そして。

ほのさんは、
あのときから、生まれたときから、
生きたくて、生きたくて、
そうやって、
今日まで、いのちが続いてきたということ。



担当看護師Tさんのおかげで、
ほのさん退院2周年の日に、
思いがけず、いろいろな大切なことに気付かされたかあさんは、
しばらく愕然とし、
「時が経つ」ということの意味を、
あらためて知ることとなったのだった。

f0199379_15254714.jpg


番外編 つづく……


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2010-10-29 15:26 | Event
<< 霜月。 ほのさん誕生秘話 ~もうひとつ... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧