ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ほのさん誕生秘話 ~もうひとつのストーリー2~

f0199379_1527413.jpg

かあさんのお膝に乗ったほのさんは、
ずっしりと重く、
バレリーナのような足が、
とても、可愛い。

膝の上のほのさんは、
すっかり、
赤ちゃんから、少女になっている。

好きな時に、自由に抱っこすることもできなかった
3年前……

『ほのさんとほのかあさん、ほのとうさんが家族になるお話』つづき……


「ほのちゃんのベッドの周りは、お人形さんがたくさんあり、
しかもNICUのスタッフのみんながいつもほのちゃんにお人形さんを抱っこさせてくれる。
だからなのか、ほのちゃんがいる隔離室はほんわかした空気が流れていた。

M看護師さんは、『本当にほのちゃんって、ほのかって顔ですね~。
このお部屋に来ると優しい気持ちになる』とか言っていた。」


「NICUの看護師から、『ほのちゃんのご両親って仲良しですね。手をつないで
面会に来るのを見ましたよ』って数人から言われた。
私はそれを聞いたとき、仲良し夫婦でうらやましいなあと、何も考えずそう思った。
しかし、実際に目の前にその光景を見たとき、私は切なくなった。
二人が支えあっているように見えたから。
手をつながないと病院に来ることができない、手をとりあっているから、
なんとか病院にたどり着きました、という背中だった。

ほのちゃんの前では明るいご両親。表情もそれほど硬くないように見えたし
とても気丈に見えた。
でも、それはほのちゃんの前だけだったんだ、
もしくは、医療者の前だけだったんだ。
私って、浅はかだ。」


f0199379_15294596.jpg


「2007年10月31日
産科のN先生から、ほのちゃんの出生時のことについて病状説明がある。
……
ご両親はとても冷静に説明を聞いていた。
ように見えた。
ただ、印象的だったのは、N先生から、
『ご希望でしたら(胎盤の病理結果などの)紙をお持ち帰りになりますか?』
と聞いてきたとき、ご両親が顔を見合わせて、しばらくして、
『もらっていく?』

『……そうだね、はい。』

と言ったときの、間。

医療者が不安になる、間だった。

……

その後、ご両親は、予約の時間通りに面会に来てくれた。
でもいつもとは表情が違った。
そして、私が行くといつもしてくる、鎮静剤の薬効の話をしてこなくなった。
ご両親が帰るとき、NICUのドアを出てからも、
隔離室のドア越しに見つめるかあさんの姿があって、
NICUが見えなくなる角を曲がるときも、隔離室を振り返っていた。
なんとも心配そうな、
不安げな顔をしていた。」

f0199379_15324982.jpg


「2007年11月7日
事前に行っていた検査の結果が出たので、O先生からほのちゃんの病状に関して
ご両親に説明することになっていた。

19時30分。
周産期カンファレンスルーム。
ご両親に対して、医療者は、主治医のO先生、新生児科長、産科主治医N先生、
看護師長、受け持ち看護師。
これは、ただごとではない説明だと誰でもわかる。

ご両親は今までにない緊張した顔をしていた。
というか、誰もが緊張している顔だった。
私も相当緊張していた。」

f0199379_1534970.jpg






このあと、ほのさんが、永遠に眠り姫であるということ、
脳のほとんど全ての機能が失われているということを、
主治医のO先生から、
宣告される。

かあさんの、そのときの記憶は、

いやな静寂の、キーンという音、
まっ平らな、脳波、
白くなった、脳のMRI画像、
そして、

「脳波は平坦で、萎縮も始まっています。
目も見えていないし、光りにも反応しない。
耳も聞こえていない。
今後、目を覚ますことも、
起き上がることもありません……」


というO先生のことば……。


そのときの残酷な記憶は、
それ以降、
なんどもなんども思い出し、
なんとか消化しようと、
ありのままのほのさんを受け止めようとしてきた。

しかし。


ほのさんが退院2周年記念、
生まれてから2年と9ヶ月と6日目、
我が家に届けられた
「ほのさんとほのかあさん、ほのとうさんが家族になるお話」
を読んで、
本当は、
主治医のO先生が、
この宣告の日、
2007年11月7日に、
とっても、とっても、
大切なお話をしてくださっていたことを、
あれ以来、はじめて思い出すこととなる……



つづく。

f0199379_15364186.jpg

3歳のお誕生日に、
たくさんのメッセージ、お手紙、プレゼント、
本当にありがとうございました!!
大切に、大切にします。
それらが、ほのさんと我が家の血となり肉となるのです!



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2010-10-18 16:15 | Event
<< もうひとつの、3つのお祝い。 ほのさん誕生秘話 ~もうひとつ... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧