ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

☆ 祝 在宅生活2周年 ☆

f0199379_1612719.jpg


2010年7月23日
今日は、大切な、大切な記念日。

ほのさん、退院して2年が経ちました。

生まれて9ヶ月と6日目、
はじめて我が家に帰ってきたほのさんは、
まだほんと小さな赤ちゃんでした。

f0199379_1611536.jpg


苦労して苦労して、やっと帰ってきたはずなのに、
あたし、ずっとまえからここにいるわよ、
というようなお顔で、
好きなものに囲まれた自分の部屋でくつろぐほのさん。

病院ではあおっちろいお顔をしていたのに、
おうちに帰ったとたん、
のびのびと、誇らしげに見えました。

まだ、ほのさんのサインがはっきりわからず、
体調管理が、あんまりできていなかった頼りないかあさんで、
ちょっとのことにも、アタフタして、
きっとほのさんも、不安だったことでしょう。

あれから2年。

ほんとうに、ほんとうにいろんなことがあって、
あの日のかあさんには、
想像していなかった日々が、
いま、あります。

ほのさんが生まれたとき、
神様なんていない、
いくら願っても叶わないことってあるんだ、
と失望したものでした。

確かに、逆らえない運命みたいのは、あるのでしょう。

だけど、
ほのさんは、
だからどうなの?
なにが運命でも、喜んで、
という、ほんとうに健気な生き方で、
私を「ほのかあさん」にしてくれました。

世の中は、
「願えば叶う」という簡単なものじゃあ、ない。

でも、だからこそ、
願おうと、
願う意味があるんだと、
そんな難しいことじゃないけど、
ほのさんはいつでも、
優しく微笑んで、
我が道を選んでいるようです。

2年前のあの日、
思い描いた幸せな「在宅生活」よりも、
はるかに大きな温かい幸せを感じている、いま。

ほのさんの眩しい成長に圧倒されないよう、
かあさんも、
ほのさんの自慢のかあさんになれるように、
また、今日から、
家族3人、すすんでいこうと思います。


みなさん、
こころから、感謝の気持ちをこめて、
これからも、
「ほのさんのバラ色在宅生活」を、
どうぞよろしくお願いします。

ほのか & ほのとうさん & ほのかあさん
2010年7月23日


読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2010-07-23 16:24 | Event
<< ほのさん、荒井良二さんに会う、の巻。 今日は、イブ。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧