ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ディズニー報告。夢心地、絶頂。

ディズニーランド報告、つづき。
(まだ、つづいていたんかーい)

夢にまでみたアトラクション、
「スティッチプレゼンツ 魅惑のチキルーム」
を、めいっぱい楽しんだほのさん。

暗くなったり、大きな音がしたり、
きれいな歌が流れたり……

ちょっと怖かったり、びっくりしたりで、
楽しいばかりではなかったけれど、
はじめて体験することに、
ほのさんは、胸をいっぱーいにしていたよ。

とうさんかあさんたちは、
こどもたちのことに注意するあまり、
自分たちの水分補給もままならず、
ふと気付くと、とっても喉が渇いており、
しょっとブレイクタイムにしましょうか、と
時計をみると、ランチタイムはとうに過ぎていた。

ひいちゃんと、ほのさんのバギーが入れそうなレストランを探し、
かあさん的には、暑くてあつくて、
そんな気分じゃなかったけど、
ハウス食品の「ハングリーベア」という
カレーショップに落ち着くことに。

(カレーラブなとうさんは、もちろん、
有無を言わせず『ラージサイズ』を、
かあさんにオーダーされた……)

f0199379_1473293.jpg

ひいちゃん、つかれてなあい。
ちきるーむ、こわくなかった?

ほのさん、だいじょうぶよ。
ちきるーむ、くらくてすこし、こわかったけど、
ぱぱままがいてくれたから、だいじょうぶだったわ。


とうさん、かあさんたちも、カレータイムを満喫し、
こどもたちと無事アトラクションを体験できたことで弾みがつき、
さあ、これから、まだまだ遊ぶぞーと。

カレーショップ後にしようと、
ウッドデッキの段差を乗り越えようと、
ほのさんのバギーをとうさんと持ち上げたとき、

「ああ、本当にほのさんとディズニーランドにいるんだよなあ。
なんだか慣れてきて、あたりまえになっちゃったけど。」
と、とうさんがボソッと。

「そうだね。うんと、
かみしめて、おこう。」



次に目指すは、ほのさん、これまた待ちに待った、
蒸気船「マークトウエイン号」を目指す。

毎日毎日、ほのさんと暗唱した、
マークトウエイン号の説明が、
頭に浮かび、夢が現実になったことを、かみ締める。

じょうきせん、マークトウエインごう。
しょようじかんは12ふん、ていいんは475めい。
ひいちゃんと、ほのさんは、そのままおのりください!


乗船待ちの、ふたり。
f0199379_14151985.jpg



f0199379_14203676.jpg

ふたりが乗る船が、到着~!

か、かあさん、あたし、これにのるの?
おっきいのねー。びっくりしたわ。
みずにうかぶの?

そうよ、ほのさん。おっきいわね。
みずにうかんではしるのが、ふね、よ。

もちろん、船に乗るのがはじめての、ほのさん。

そうだよね、船に乗るよ、
っていわれても、どんなのか、わからなかったよね。

次の船まで待てば、
一番に案内してくれるといわれたけど、
目の前にして、わくわくのふたり(6人?)をみたら、
いいえ、これに乗ります!と。

みんなが乗り込んだあとに、
安全に乗船させてくれたよ。

まずは、ほのさん!
f0199379_14252525.jpg

ひいちゃん、つづけ!
f0199379_14273627.jpg

ふたりのバギーが、船の先頭を陣取って、

いざ!
しゅっぱつ、しんこう!!
f0199379_14304647.jpg

船着場のひとたちが、みーんな、手を振って、
ほのさんたちを乗せた船の出発を、
喜んで送り出してくれる!

f0199379_14335928.jpg

あ、おっきなやま、みえてきた!

f0199379_1437169.jpg

リゾート気分。

所要時間12分(ほのさんデータによる)とは思えないほど、
インディアンの集落が見えたり、
鹿の群れが見えたり、
楽しいスポットを遊覧しながら、
楽しい楽しいクルーズを。

アスファルト地獄から開放されて(←夢がない…)
水の上は、涼しく感じられ、
ほのさんの頬をなでる風も、優しく。

名残惜しい気持ちもありながら、
さきほど出発した船着場に、ゆっくりと到着。

いやはや、にんともかんとも……。
いままで、ジェットコースター系アトラクションばかりに
目が行きがちだった、若かったかあさんも、
ほのさんと一緒に、こんなにゆったりクルーズできるとは、
あらためて、蒸気船マークトウエイン号を、
見直したのであります。

ふたりのバギーが無事降りると、
たくさんの車いすに乗ったこどもたちが、
入れ代わりに、乗船。

いってらっしゃーい。



蒸気船の余韻も束の間、
ファストパスをとっておいた、
ビッグサンダーマウンテンの時間が来て、
ひいママ☆とかあさん、ふたりで乗ることに。

暑さと、睡眠不足と、昨夜からの食べ過ぎからして、
ジェットコースター系は、控えるべきか……
という考えも一瞬頭をよぎったが、

「乗ったほうがいい」

と、全員一致の意見により、
ひいママ☆と、ちからいっぱい、叫んだとさ。

いやあ、ビッグサンダーマウンテンのスピードは、
疲れも、いろんな雑念(?)も、
余分なモンは、全部払い落としてくれたようで。

乗る前よりも、気分爽快になった気がした。


こどもたちを遊ばせるのが優先で、
親たちが乗り物に乗れるなんて、
あんまり考えていなかったけど、
6人の中で、いちばんアクティブと思われる、
ひいパパンが、ファストパスをもらいに走ってくれた、おかげ。

次は、そんなパパンたちが、
スペースマウンテンに乗る時間。

トウモローランドを目指して、
シンデレラ城を見物しながら。
f0199379_14573945.jpg

ほ、ほのさん、た、たかっ!

か、かあさん、たかくって、
みえません!

(完全におのぼりさんな、ふたり)

トウモローランドの救護室は、
キャストに案内してもらわないとわからないところで、
人ごみの中を、誘導してもらい、
しばし、ケアタイム。

本日、救護室でのケアも、これで3回目。
とうさんかあさん、もちろんほのさんも、
もう、慣れて、スピードアップ。

ひいちゃんもケアが済んで、
とうさんたちがスペースマウンテンに乗りに行っている間、
探し物を……

f0199379_1532476.jpg

ひいちゃんのまま、どうお?
ある?

ほのさん、あったー!!
f0199379_1574175.jpg

みにーちゃんのみみ!ぴんどめしき。

ひいちゃん、にあっているかしら。
ちょっとのぞいてみよう……
f0199379_159296.jpg

あら、ひいちゃん、ぼうしにつけたのね。
なしす、あいでぃあ!

ミニーちゃんの耳をつけて、
姫ふたりの夢心地も、絶頂に……。


つづく……
(これで完結のはずが。もう少しお付き合いください)

読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

このブログ「ほのさんのバラ色在宅生活」が
本になりました♪
「ほのさんのいのちを知って」
絶賛発売中☆
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2010-07-07 15:12 | Event
<< 七夕祭りは、「ときわ色」? 逞しく。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧