ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

講座報告 同期の桜、T氏の威力。

医療連続講座会場とは別棟の、
医局の中の応接室に控え室をとってくださって、
担当者T氏と、打ち合わせ。

かあさんが、会場に着いたい時に、
「こんにちは、今日はよろしくお願いします」と
T氏がごあいさつくださったときから思っていたのだが、
今日は、妙に(?)笑顔が爽やかだ。

開始は14時。
はじめに司会のT氏からあいさつ、説明、
その後、かあさんのおはなしが約1時間、
質疑応答、交流会、
16時終了予定……という流れを確認。

とはいうものの、この2時間は「自由にやってよし」
とのことばもあり、
いやいや、いくらなんでも2時間は話さんでしょ……とかあさん。

ともかく、そんな太っ腹な企画であり。

そして、T氏が、、
この企画の宣伝を通してさまざまな反響があったこと、
ほのさんを知ることができたことで、
「すでにやってよかったと思っている」
と言う始末。

フツーなら、おいおい、T氏、
まだ、はじまってねーぞー、
プレッシャーかけんなよー、と思うところだが、
そのT氏のことばの裏にある、
T氏がかかわった人々の顔や、さまざまな声が思い浮かび、
かあさんにとってもそれはとても嬉しいことであり、
素直に「がんばろう」と思った。

そして、そんな和やかな打ち合わせが、
かあさんをとても穏やかな気持ちで本番に望ませてくれた。




余談だが、T氏とは、職場は違うが、
かあさんと、同期入職。

研修などで同席することも何度かあった。
(かあさんは、覚えているけどね)
これも、何かのご縁だろう。

今回の企画で、打ち合わせをかねて、
ほのさんの顔を見に、2回我が家を訪れてくれた。

ほのさんも、「あ、いいおじさん。」と思ったのか、
その後も、電話でのやりとりに参加したがり、
T氏と電話で楽しくおしゃべりする仲に。

「ほのさん、まだでんわするにははやいんじゃないの」

「なにいってんの、おんなのこだもん。
でんわ、すきなのよ。」

かあさんは、この企画そのものもそうだが、
こうしてT氏が、ほのさんと仲良しになってくれること、
ほのさんを通じて、またひとり、
大切な輪が広がっていくことが、
何より嬉しかった。




会場に戻ると、
ほぼ、満席。

知ったお顔もいくつかあり、嬉しく思う。

さあ、はじまるぞ。



医療連続講座報告、まだまだ続くよ。



読んでくれてありがとう。
ポチッとな↓ も、お願い!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ほの本発売中。
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入
[PR]
by honohono1017 | 2010-04-05 16:27 | News/Report
<< 講座報告 かあさんの、丸秘ノートの巻 講座報告 直前は「余裕」と「平... >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧