ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「浮かれすぎた」おでかけ、の巻。

昨日の、ほのさんおでかけ報告。

朝、9時に出発。
前の日の春の嵐はどこへやら、
穏やかに晴れた、朝。

我が家のテンションも、あがります。

今日は、お外でほのさんもミルクを飲む予定。
忘れ物ないか~、準備万端か~。
とうさんと、かあさんの声かけで、
おそらく(?)だいじょうぶ(なはず)。

サクラにはまだ早いし、
お外はまだ少し冷える。

とゆーことで、行き先は、
ほのさん得意のショッピングモールだよ。

10時には着いたので、
まずは、とうさんかあさんがモーニングコーヒー。

あ、そういえばかあさん、
はじめて「ほうじ茶ラテ」を飲んだけど、
こりゃ、美味ですわ。

ほのさんは、本当に、本当に、
久々のおでかけが、心から嬉しいらしく、
顔がゆるみっぱなしで。

そんなほのさんを見ていると、
とうさんもかあさんも、ゆるみっぱなしで。

デレデレ、我が家。
薄気味悪し。
f0199379_11165346.jpg


あったかコーヒータイムを満喫し、
「みんなのトイレ」に移動。

「みんなのトイレ」は、
車いすの人はもちろんのこと、
ストマーの人なども利用しやすくなっていて、
ストレッチャーのあるから、
広々していて、
オムツ交換だけではなく、吸引などもとってもしやすい。

おうちと同じように、
バギーに乗ったほのさんの、
用手排尿、オムツ交換、吸引……
をかあさんが。
ときおり、「酸素入れて~」とか、
「吸引ビンのフタ開けて~」とか、
とうさんに助けを求めながら。
とうさんは、とうさんで、ミルクの準備……。

どっちが何をする、と話し合って決めたわけではないが、
お互いの動きを見ながら、
いかにスピーディーに済ませるか……
ほのさんが寒くならないように……
自分の仕事をこなす自分らの姿に、
我ながらちょっと感心したのが、
まずかった……。

事件は、のち ほど、発覚する……。

20分ほどで、
ほのさんのケアと、
ミルク準備が終了し、
ほのさん、一足先に、「いただきます」。

11時開店のレストラン街に移動して、
とうさんかあさんのランチスポットを、
3人で、真剣に、吟味。

f0199379_11281139.jpg

ほのさ~ん、どうすっぺ。
とうさ~ん、いろいろ、あるな~。まような~。

f0199379_11312714.jpg

と、とうさん、すごいです、い、いっぱいあります。
こんなに、たべれないです……。

f0199379_1134442.jpg

結局、店内も可愛らしい、
オムライスのお店に、決定。
赤いギンガムチェックのエプロンが可愛い店員さんたちも
とっても、親切にしてくれたよ。

以前、このショッピングモールに来たときは、
ランチに和食のお店に入ったのだが。
味はとても美味しかったのだが、
バックミュージックが、なぜか
テレサテン「つぐない」のインスト……
みたいなことになっていて、
3人してなんだかしみったれた感じになった反省を活かし、
今日は、明るく可愛いお店にしてみたが、
グッチョイ、軽快なジャジーなミュージックだったのでした……

いやあ、ほんとうに、ほんとうに、
楽しい楽しい、ランチタイム。
家族そろってのおでかけが、
こんなに幸せなんて、
このながーい冬篭り生活で、
ちょっと忘れてしまっていたよ。

ほのさんがこうして、元気で、
とうさんとかあさんとのおでかけを、
こんなに楽しんでくれるなんて。

ミルクを飲むほのさんと、
オムライスをぱくつく、とうさんとかあさんと、
何度、「おいしいね」と言い合ったことだろう。


ゆったりランチタイムを満喫し。
店内が混みあってきた頃にはタイミングよくごちそうさま。

その後は、ほのさん待望のショッピングタイム。

ほのさんの大好きな雑貨屋さんへ。

ピンクとか、ハートとか、キラキラとか、
ほのさんの大好きなものがいーっぱい。

かあさんと、「どれにする、どれにする」と、
あーでもない、こーでもない言いながら、
ショッピングを楽しんだほのさん。
f0199379_1146148.jpg

あたし、けっこー、かいものじょーずよ。

ほのさん、とうさんにたっくさん買ってもらって、
大満足でお店を後に。

そろそろ、ほのさんのケアの時間だね~、と
かあさんが言うと、
とうさんが、突然、
「あ~っ!!!!」っと、叫ぶではないか。

「ど、どうしたの?」と恐る恐る……。

「酸素切るの、忘れた。もう、空だわ……」

……。。


ほのさんは吸引のとき、
陰圧で苦しくならないように、念のため酸素を流して吸引する。

ランチの前に、吸引したとき、
「酸素入れて~」とかあさんが頼んで、
とうさんが、オンに。

その後、かあさんがいつもなら
「酸素切ったあ?」と確認するのだが。

かあさんもかなり、浮かれていたし、
とうさんと2人で行う、外出先でのほのさんのケアが
だいぶスムーズになってきたことでの「気の緩み」もあって、
「切ったあ?」との確認をすっかり忘れてしまっていたのだ……。

だから、一概に、とうさんの責任、というわけでもなく。

だが、ほのさんのショッピングは「これから」というときに、
酸素ボンベが「空」って、どーゆーことよって、
しばし、3人、
沈黙。
とほーに暮れる。

吸引のとき以外、
ほのさんは酸素が要らない。

だから、空のボンベでこの後遊びまわっても、
おそらく、平気。

でも、「有事」に備えては、
あってはならぬ、事態……。。

……。。

「帰りますか……。」


普段なら、こんな事態になったら、
とうさんのせいではないとしても、
カッチーンときて、イライラするかあさんだが、
あまりに幸せな気分だったのと、
こういう失敗も、
ほのさんを外に連れ出せばこそ、
経験できるものであると思い、
「帰りますか……」と薄笑って言ったたものの、
かなすぃ~よ~、ほ~の~さ~ん~、ごめんよ~。
と、意気消沈。

いやいや、イチバンン悲しかったのは、
ほのさんだろうよ。

えっ?かえるって、なんでですか?
まだ、おひるすぎですよ?
おみせやさんも、まだそんなにみてませんよ。
あたしなら、げんきですよ。

そんな「?」だらけのほのさんを前に、
ただただ、「ごめ~ん」と薄笑うしかできない、
とうさんとかあさんでありました。

「教訓:酸素ボンベの予備は、必ず持って出るべし」

肝に、命じました。



ほのさんに合わせる顔なく、
そそくさとほのさんを車に乗せて、走り出そうとしたとき、
とうさんが、
「お家に寄って、ボンベを取って、
もう一度、でかけよう!」と。

ほのさんに、一筋の光りが……。

そ、そうしよう、そうしよう、ほのさん。
どこへいこうか。
きょうは、2かいもおでかけで、とくしたきぶんだね。

と、徐々に、ほのさんも、
「そ、そうね、2回もね…」みたいなことに、なってきて。


ということで、
若者が集う、パルコに初挑戦してみた。

f0199379_129197.jpg

とうさん、なんだか、オサレなおみせが、いっぱいだね~。


f0199379_12105995.jpg

あっ、ここで、おちゃ、しましょうよ。
そうしよう、そうしよう。

とゆーことで、
とうさんとかあさんの思いがけない失敗から、
思いがけず、いーっぱい遊んだほのさんでした。

ほのさんも、外で2回注入したのは、
これが、はじめて。

おかげで、とうさんかあさんも、
モーニングコーヒーにはじまり、ランチだけではなく、
おいしいお茶まで、飲めたとさ。

f0199379_12141836.jpg




ほの本発売中。
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入


ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2010-03-23 12:21 | Event
<< 「みすゞ」飴で、元気だせ、の巻。 終止符、うったどー。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧