ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ますます、楽しくなる予感。

昨日、参加したイベント、
こども☆夢☆未来フェスティバル2010の報告。

まず、第一に思ったのは、
なんだこの、すげぇ~イベント……ということ。

朝、8時半から、参加団体の全体打ち合わせがあっって、
かあさんは一人で電車で会場を目指したのだが。

ボランティアと思われる高校生がたっくさん降り、
会場に付くと、
障害者から、大人からこどもから、高齢者から、
とにかくいろんな人が集まっていて、
ブースを出したり、
遊びに来たり、
ボランティアでお手伝いしたり。

これだけ大規模なフェスティバルを開催するには、
もちろん主催者の方たちの力もすごいのだろうが、
そこに色んな形で関る人たちの力がたくさん集まっていることが
肌で感じられた。

と、なんだかブースを出したのに、
恐ろしく客観的な感想だが。

それもそのはず。

あまりに、フェスティバルのことも知らなすぎたし、
ブース自体の準備も不十分なまま。

f0199379_15551450.jpg

本だけは、売るほど持っていった(売ったんだけどね)。

f0199379_15584745.jpg

かあさん「今日は、遊ぶほうに焦点あてますか…」
ひいママ☆「そ、そうね…」みたいな。

でも、午後から、
パネルを熱心に見てくださるご家族が多数。
話しかけて、ちょっとほのさんの生まれたときの話をすると、
涙を流されるママたちがたくさん。

話しているかあさんのほうがびっくりしたけど、
やっぱり、母親って、そういうものなんだなあ、としみじみ。

いろいろなご家族に出会い、
かあさんとひぃママ☆もたっくさん刺激を受けて、
そのうち、「来年どうする~」みたいな
作戦会議になったとさ。


それから。

昨年、ほのさんは埼玉トヨペットさんから、
福祉車両のモニター車を3ヶ月間お借りしていたのだが。

埼玉トヨペットさんは、
「年齢・性別・障害の有無などによって分け隔てすることなく、
さまざまな立場の人が共に「いることのできる場」の創設を基本とし、
必要に応じて社会参加、イベント、はたらく研究、販売、話し合い、遊びなどの
活動をおこなっていく」とした、
はあとねっと輪っふるの活動に参加しており、
その一つとして、
障害のある方たちに、
トヨタの福祉車両を無償でモニター車としてレンタルするという
活動をなさっているのだ。

昨日のイベントでは「はあとねっと輪っふる」の様々な活動の写真展などもあり、
ほのさんがモニター車引渡しセレモニーでお世話になった社員の方にも
再会する事ができた。


そして。

笑顔咲く♪障害児の働くママの人生丸ごと桜色☆
かんちゃんとも再会。

イベントの開催地が、
かんちゃん一家のお住まいと近いと勝手に思ってしまって、
「来ない~?」と誘ったら、
そんなに近くはなかった模様。

しかも、かあさんたちが早目に店じまいして帰ろうとした時に、
最後に必ず見て帰ろうと思っていた、
沖縄発“たんぽぽ宅急便が広げた笑顔の絆”という写真展を見ていたら、
ちょうど後ろに、かんちゃんが~(涙)

f0199379_16335477.jpg

(かんちゃん、顔小さすぎ……)



人に触れ、
人のパワーに触れ、
社会の一員であることを感じることって、
なんでこんなに原動力になるのだろうか。

なんだか、
これからますます、楽しくなる、予感。



ほの本発売中。
紀伊国屋書店
TSUTAYA ONLINE
eb!STORE

アマゾンでも入荷したみたい。送料無料ですので、ぜひ。
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンで「ほの本」購入


ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2010-03-15 17:49 | Event
<< エンジョイしてるよ、日常じゃあにぃ。 行って来たよ、イベントに。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧