ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大切なことを、確認するのだ。

みなさ~ん、おはようたん。
f0199379_958372.jpg

薄目で、チラ見ほのさん。

流行のネルシャツに挑戦。

やっぱり、同じ柄、購入するかね、かあさん。


ほのさんも落ち着いていて、
かあさんの気持ちも、めずらしく穏やかな朝。

それもそのはず。

本の、ゲラ、
本日、郵送のため、手放しました。

清々しいかな。



本の中には、例の、
臓器移植法改正について、
このブログで書いてきたことも、収録されてます。

その部分を、読み直し、読み直し、
考え、考え、
考えるにつけ、
なんだか、よ~わからんくなってしまった、かあさん。

大切なことを、見失うなよ。

そう、思っているものの、
大切なことがなんなのか、
ときおり、影を潜める。

この、難しい問題に、
一喜一憂し、振り回され、決意し、動き回ったこの1年。

たっくさんの、
名誉、知識、経験……などなどをお持ちの
偉い方々が、この問題について、
いろんなことを、おっしゃる。

自分の不勉強を補うべき、
それらについて、学ぶ。

すると、何がなにやら、余計に混乱する。

それで、あたしの本、どうすんのよ……って、なった。



そんなグルグルと渦巻くアタマを抱える日々だったが。

その大切なことを、確認することができた。

かあさんは、臓器移植という医療の進む道や、
小児の脳死判定の内容どうこうとか、
そういうものを追いかけているのではない。

それはそれで、大事。
でも、それについて、かあさんは語るほど知識も無く、
それがこの問題を問題たらしめている、根本ではないのだ。



かあさんの、大切なこと。

ほのさんという、いのち。

その、あたたかさ。
力強さ。
健気さ。


ほのさんがいてくれるから、
ほのかあさんで、いられること。

親子の繋がり。

我が家の温もり。



尊い、いのち。




それを。

それが何より大切だと思わせた、法律。

そのリアルをが、たくさんの人に届くように。

それが、結論。


そして、もう一つ、大切なことを学んだ。

世の中の、大切なことって、
「答えが出ない」ことが、多いってこと。

これまで考えてきて、
これからも考え続けていく、いのちというテーマなどは、
答えなんか出るはずもない。

それを。

結論を急いだり、
終着点らしきところを見つけ出して落ち着こうとするのは、
少しでも「確かなもの」が欲しいと願ってしまう弱さと、
未熟さの現れでしかないね。

辛くなると、そんなニセモノを求めたくなるけど、
そんなことせんでも、
ほのさんと、かあさんは、それらしくいられると、
確信できたことが、何よりの宝。



「何を大事にしたいか、とか、
限りあるかけがえのない時間やから、どう生きたいか、
自分に持てる条件を、その生きる目的のためにどう使う?
というコトだけは自信持って考えて、みんなで話し合っていいきたいなあ」


勝手に引用しちまいましたことをお許しいただきたいですが、
こんな風に言ってくださる方々が、
ほのさんとかあさんの周りに
いてくださる、この幸せ。

f0199379_1155775.jpg

人生、深いね、かあさん。

そうだね、長生きせんと、ほのさん。


ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2009-12-12 11:09 | Life
<< 救急車乗ったよ、かあさんが。 揺れる、冬。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧