ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

どんないのちも。

この連休で、
やむを得ず、人ごみに行かねばならぬ用事が多くあり、
またまたかあさん、風邪っぽい。

その上、
新型インフル感染者と接触していた事実まで
明らかになった今、
かあさんはマスクをして、
遠巻きから、ほ~の~さ~ん…
と言って、用事が無い限り、
出来る限り近づかない。


先日、ほのおばさんの出産した赤ちゃんに
はじめましてをしに、
病院を訪ねた。

f0199379_20431058.jpg


なななんと、これは、
病室の窓から見える景色…

産科病棟も、
なんだかあたたかな雰囲気で、
妊婦さんや出産後のママたちの病衣も、
ピンクのギンガムチェックで、
ひじょーに可愛らしい。

なにもかもが、
かあさんがほのさんを出産したときと、違う。
違いすぎる。

そして、
かあさん、人生初の姪っ子は、
とっても、麗しい。
(義理兄にうりふたつ…)

かあさんの知っている「赤ちゃん」は、
微動だにしない、ほのさんきり。

だから、動いている赤ちゃんをたくさん見て、
「あー動いてる」「おーこっちも動いとる」
と、物珍しかった。

今頃、ほのさんの初従姉妹は、
お七夜を済ませ、
かわいらしいお名前をもらっただろう。


幸せ気分の一方で、
久しぶりに足を踏み入れる、
幸せに満ち溢れる、産科病棟の雰囲気に、
なんだか胸がキューっとしめつけられる思いが、
一瞬、した。

ほのさんを産んで、
生死をさまよう我が子と、
同じ病院にいながら、
抱いてやることも出来ずに、
身を切られるような思いで過ごした、あの頃。

ほのさんも、
とうさんも、
かあさんも、
がんばったね。

自画自賛の、今の胸中。

どんないのちも、
生まれて、
おめでとう。

生まれて、
ありがとう。

ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2009-11-25 20:53 | Life
<< セレンディピティ 明日の日経新聞 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧