ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

諦めない。

f0199379_18323018.jpg


結構、義理堅い、ほのさん。

先日の2歳のお誕生日の「ブーブーケーキ」のお礼が言いたいと、
冬将軍に日本列島が覆われる前に、
かの、不〇家に連れて行った。

「モーニング」の時間帯なので、
ガラガラ。狙い通り。

ドリンクバーに何度も飲み物を取りに行くとうさんに、
不思議顔のほのさん。

好きなの、何回飲んでも、いいんだよ。
と、説明。

しまいには、とうさん、もっと飲め、もっと飲め…
と言い出す始末。

とにかく、ほのさんもお礼が言えて大満足。

来年は、この日のペコちゃんみたいに、
七五三の着物、ほのさんが着るんだよ。



そう、気がつけば11月。
ほのさんの部屋のカレンダーはふた月ずつ書いてあるから、
最後の1枚になった。

我が家はこの夏以降、
本当にいろんなことがあった。
自分がこんなことをするなどとは思っていなかったこともあった。

でも、どれもみんな、
ほのさんを守るため、
ほのさんに、たくさんの人に出会って、
たくさんの経験をさせてあげるため、
ほのさんに、とうさんとかあさんだけではなくて、
色んな人がいて、色んな人の考えがあることを教えるため、
ほのさんのいのちから学んだことを伝えるため、
そのことで、ほのさんのまわりの環境が少しでも変えていくため。

ハッピーな、生活のため。

そして、おともだちを大切に思う気持ちも変わらない。


今月は、また新しいことに取り組む。

新しい出会いが待っている。


自分の考えを伝えることは、本当に難しい。
責任も、重い。
意に反して、傷つけることもある。
そして、傷つくこともある。

「正しい」ことを伝えたいのではない。

ほのさんのようないのちのことで、
「正しい」ことなど、存在しないと思う。

あまりに世の中が整っていないし、
家族によって「ハッピー」だと思うスタイルも違うから。


我が家のように、へっぽこファミリーが、
真剣に、楽しく、奮闘していることを「伝える」ことで、
たくさんの人に、何かを考えるきっかけになってもらえるように。

この何日か、「書くこと」について、考えていた。
怖いのも事実だ。

だけど、うまく伝わらなくても、
誤解されても、
「書くこと」は、
この部屋の中で、
ほのさんとに一緒にできる、大切なことだ。

諦めたら、何にもはじまらない。
これまで、やってきたことも、なくなる。


ほのさん、かあさんはこれからも、伝えていくよ。
ほのさんと、相談して、ね。

ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2009-11-04 20:58 | Life
<< 唸るほのさん。 かっぱ、ハロウイン >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧