ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

全国訪問看護事業協会からの応援団!

本日は、朝一番から、心地よい緊張とワクワク感で始まった。
ほのさんの大切な来客があるからだ。

いつものように訪問看護師Nさんが朝9時に到着。
バイタルをとっていただき、お風呂の準備をしていると
ピンポーンと…いらっしゃいました。

10月7日開催予定のシンポジウム
「輝け!地域で育むいのち ~重症キッズの楽しい在宅生活~」を開催したい!と
日々準備に追われ、数々の壁にぶちあったって、
時に打ちのめされそうになるかあさんを、
ほのさんをお願いしている「はみんぐ訪問看護ステーション」の所長、塙さんが、
色々と相談にのってくださっている中で、協力の依頼をしてくださり、
とにかく会ってお話を、と今日かけつけてくださった次第。

お客さまは…
全国訪問看護事業協会の
上野 桂子さま  (写真:中央)
宮崎 和加子さま (前)
梶山 沙織さま  (後ろ右)
塙 真美子所長  (後ろ左)

f0199379_16203248.jpg


上野さまも宮崎さまも、看護の第一人者であり、
看護ばかりか色々な活動をなさっていらっしゃって、
かあさんなどがお会いしたくても、そうそうお会いできる方たちではないのです。

お目にかかれたばかりか、
シンポジウムに積極的に協力してくださることになり、
「応援団」となっていただくことができました066.gif



まず、ほのさんの入浴シーン(!)を見ていただきました。
いっつもどんな時も、肝っ玉の座っているほのさんですが、
なんだか今日ばかりは緊張…というよりは、ゲストのすばらしい面々に興奮してしまったのか、
お風呂から上がると、熱も心拍もずいぶんと高くなってしまい…。
ちょっとばかし心配になりましたが、そこはほのさん。
5分もすると熱も心拍も普段どおりに落ち着いてきました。

Nさんにいつもどおりのケアをして頂いた後、みなさんとお話。

塙所長からは、「おかあさんの思いを素直にお話なさい」とおっしゃっていただいていたものの、
ほのさんとの生活で感じてきたたくさんのこと、
今回のシンポジウムにかける思いはふか~く、熱いものの、
決心してからこの約3ヶ月、
各方面との交渉、依頼、そのための文章作成などを、
ほのさんのお許しの出た合間に行い、
思いのほか許可をいただくのに手間取ったり、
想定外の展開に数々あっていたため、
シンポの形態から内容が、かあさんのちっちゃな器との相談で、
その時々で変化していたこともあって、
内容についての構想はほぼ白紙状態。

言いだしっぺがそんな宙ぶらりんでは、
普通は相談されてもこまってしまうのだけれど、
そこはみなさん、キャリアと器とお人柄でもって、
どんどん、どんどん導いてくださる…。

かあさん、自分が相談している張本人なのに、
ス、スゴイ…
と感激、あっけにとられて、しばし、ぽかーんと。

ともすれば、かあさんとほのさんの生活は、とっても狭い世界になりがちで。
狭い部屋で、ほのさんと顔を突き合わせ、
あーでもない、こーでもない、
無い知恵を絞って、そこから生まれることはたかが知れている。

でも、こうして塙所長のお陰で、ご縁あってステキな出会いをすることができ、
その「出会い」の中で、世界はパーッと広がり、
細く暗いトンネルの先にちっちゃな光がかすかに見えていた状態だったけど、
目の前がパッと明るく開けた今日。

ほのさんとの生活の中で、物理的に外に出れないことなどから、
自分は社会と遮断されて、閉じこもった生活していると感じてどよーんとすることも多々。
でも、人は、
どこにいても、どんな生活をしていても、
どんな形でも、手を伸ばせば、誰かと繋がりを持つことができるんだ。
あらためて、いつも感謝の気持ちを忘れないこと、
自ら発信し、努力することの大切さをひしひしと感じました。

そして、あの時の自分のやり方は、うまくなかったな、と
反省したりもします。

とにかく、この力強くあたたかい応援団を得て、
ほのさんとの日々の生活においても、さらにパワーが湧き、
シンポジウムに対する意気込みもさらにあつ~く(そう見えないところがコワイけど)なり。

近々、みなさんにもきちんとお知らせします。
みなさんもどうか、応援団となり、ほのさんとかあさんにパワーをください!


先駆けて、本日その場でいただいた、
上野さまと宮崎さまからの応援メッセージを!

☆応援メッセージ☆
人工呼吸器もほのかちゃんの身体の一部ととらえ、
リーク音は子どもの話し声とききとり、
会話しながら楽しく在宅生活をしている
お母さんにエールを送りたいと思います。



宮崎和加子さんのオフィシャルサイト  
http://www.miyazaki-wakako.jp/

全国訪問看護事業協会  

(番外編)

かあさんは、事前に宮崎さんのブログをチェックさせていただいていたのですが、
シャンソンをうたっていらっしゃる写真がアップされていて、
そんなお願いムリだろうなあ…と思いつつ、
是非、聴きたいです!とお話したところ、
こころよく、歌っていただけて、ほのさんも生まれてはじめて聴くフランス語に
ドキドキ、うっとりしていました。
「オー、シャンゼリゼ~ 」


ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2009-08-19 17:27 | normalization
<< おしりぺんぺん 今晩も安泰なり >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧