ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夏の夕方。

かあさん、めずらしく、未だ、
凹みちゅう。

あえて、その原因については考えないようにしている。

ほのたーん、ほのたーん、と言って、
むちむちぼでぃーを、あったかタオルで拭いてても、

ほのてぃーん、ほのてぃーん、と言って、
かわいいワンピースに着替えさせても、

力が湧いてこない、かあさん。

確実に、顔に、縦線が入っているだろーよ、われ。

午後、大好きなT先生の往診があった。
今日も、ここのところの課題「おしっこの回数」についても
とっても参考になるアドバイスをいただいた。

そして。
例のシンポジウムの先生の参加についても
快諾していただけた。

でも、
だめだー。

そして、長いこと、燻ってた、
夜のヘルパー問題。
連絡するといってから1ヶ月以上待たされることもこれで2度目。
信頼するなんて、とてもできないから。
それで。
断った。
それで。
また、凹む。

そこで。ダメ押し。
夕方、約1ヶ月ぶりに、近くのスーパーに買い物に出かけた。

その道々。

早めの夕食の焼き魚の焼ける匂い。
香取線香の煙り。

打ち水をする、ランニング姿のおじさん。

ラクダ色シュミーズ(!)で、草むしりするおばあちゃん。

そして、スーパーでごった返す、家族連れ…。

夏なんだ。

そして、いろんな生活がある。

それぞれの、生活。

それを見て。

励まされたような。
余計、落ち込んだような。

ただ、
別に、いいじゃん、
みたいな気持ちになった。

そう、いいんだ、別に、凹んでても。
適当で。
いい、塩梅で。

なんだかわからないけど、
外に出て、知らない人を見るだけで、
そんな風に思えることがある。
きっと、みんな、一人で生きているんじゃ、ないからだろうな。

外に出られない辛さは、こんなとこにも、
あるんだよ。

そして、また、
かあさんは、
「ただいま、ほのさん!」
と、スイートなホームへと、
帰る。

ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by honohono1017 | 2009-07-18 21:41 | Life
<< ほのさん、夏休み妄想中… かあさん!と力いっっぱい呼んでくれ >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧