ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「長期脳死」の子をもつ母として思うこと その10

先日の通院のとき、主治医のT先生に、
小児科医として、ほのさんの主治医として、
臓器移植法改正についてどう思われるか、伺ってみた。
勇気を出して…。

まず、先生は、
法的に有効な遺言などで意思表示をすることのできない15歳以下に、
臓器移植を行うことが、純粋に不自然だと思うと。

しばし、沈黙。

なので、かあさんがこの間思っていたことをお話してみた。

例えば、A案が通ったとして、
でもかあさんはほのさんの臓器を提供する意思がないから「拒否できる」から、
いいじゃないですか、ってわけにはいきません、と。
法的に、あんたの子、死んでるよ、なんて言われてるのだから。

そして、ほのさんが産まれて2週間後に、
NICUの主治医O先生から説明を受けたときに、
「脳死状態」なのか、「植物状態」なのか、とうさんかあさんは、問いつめなかったと。

すると、それを聞いたT先生は、
「脳死状態」なのか「植物状態」なのか、はっきりさせる必要はありません、と。

かあさん、
「それは、ほのさんが生きているということですか?」

T先生、
「あたりまえです!」

いつも穏やかで優しいT先生が、すごく語気を強めておっしゃった。


かあさんは、それ以上、何も、言えなかった。

胸が、いっぱいだった。

ポチッとな↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by honohono1017 | 2009-06-13 17:13 | normalization
<< スペシャルな1日 ほのさんカフェデビュー☆ >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧