ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Perfumeの意外なチカラ

ほのさん、お気に入りのCDがある。

着替えたり、お風呂に入れたり、体操したりする時には必ずかける。

「み~んなどうよう」という2枚組み。その名の通りすべて童謡で、昔からある懐かしいものから、母さんも初めて聞くような「みんなのうた」的なものまで2枚あわせてたっぷり60曲!

母さんがいっつも「ぞうさん」「大きな栗の木の下で」をバカのひとつ覚えのようにうたっていたところ、ほのさんのおばたんがプレゼントしてくれた。

もう1枚はヘルパーさんが教えてくれた「ほら、赤ちゃんが泣きやんだ!天使のゆりかご」。

ディズニーの歌や子守唄オルゴールのメロディーで、バックに子宮内血流音が収録されており、お腹の中にいた時に赤ちゃんが聞いていた音なので、安心するらしく、赤ちゃんばかりでなく誰が聞いてもリラックスする。



その中でもほのさん大のお気に入りは「たいこのおけいこ」。体操する時には必ず聞く。

おととい、昨日の朝、昨日の夜、と(随分熱心ね…)たいこの練習をしている。最初は「とん、とん、とん」とゆっくりたたき、回数も少ない。それが、昨日の朝、夜、と練習をつむごとにだんだん早く叩けるように…。そしてこの曲のピーク。「いよいよ今日のおけいこは、「とんとことんとんとん、とんとことんとんとんとんとんとん」「あらお上手ね」チャンチャン!と最後はあっさり終わる。

何しろ「たいこ」のおけいこという地味~な練習の歌で、余計な詩もいっさいなく、上達するにつれリズムが早くなり「とんとん」の数が増えるという単純さも覚えやすく、素朴な感じがほのさんと母さんジャストフィット。

ところが最近、かな~りほのさんのハートを鷲掴みした曲がある。先日ほのさんの体操中、珍しくラジオを聞いていたら流れていた。

その名も「ワンルーム・ディスコ」。

パヒュームというアイドルの歌だ。

いえいえ、母さんもほのさんもアイドル好きではないのですが…。

パヒュームって、以前はいわゆるアイドル的な歌を歌っていたが、その後、歌の路線をテクノポップに変更、そしてブレイクしたらしい。3人組なのだがアイドルとゆーわりには可愛くないし、そりゃ売れなかっただろうよ…と思う。じゃ逆可愛くなくてなんで売れんのよ、っていうと。

あくまで母さん的予想。①アイドルなのにテクノ歌っちゃう珍しさ②可愛くなさがアキバ系男子の心を掴んだ

せれはともかくとして、ほのさんの両足を持って股関節の曲げ伸ばしをしている時にちょうど「ワンルーム・ディスコ」がかかって、なんともピッタリのリズムなのだ。

しかもテクノっていっても女の子がキャッチーな歌詞を刻んでいるからポップな感じで、いつしかほのさんノリノリで…「やべ、ノッて来た!」っていつしか母さんと二人して熱中して体操。

あまりにほのさんの動きにフィットする曲で…

母さんついにシングルCD(!)を購入。

だってラジオじゃ大概途中で終わっちゃうし、聞きたいときにきけないし…。

もともと母さん、テクノ好きだし…。

だからってさすがにケミカルブラザーズとか聞かせられないし…。

f0199379_17552042.jpg


「パフューム買ったの…シングル買ったの…」って父さんは苦笑していたけど。

ところがこの曲、ほのさん「お気に入り」というだけでなく、ものすごい効果が…





曲にあわせて体操し、背中をぶるぶるして、その後気管吸引すると必ず痰がひけるのだ!

母さん、ほのさんのお世話の中で排痰が一番苦手ってゆ~か、自分自身に納得いってない。

父さんはタッピングやスクイ-ジングの後、「確実に痰引ける」って自信があるらしい。だけど母さん、そこまでの自信がなかった。その割りにその動作、かなり体力消耗するし、ほのさん的にも動きが大きいため、どうにかしたいな…とは思っていた。

ところが…。

「ワンルーム・ディスコ」フルコーラスの間、体操して、体を動かすと、必ず痰が出るではないか!

きっと痰を出そう出そうと思わずに、楽しく体操していたから、音楽にあわせて自然といつもと違う動きもしていたのだろう。

そう、なによりきっとほのさん楽しくて、気持ちイイんだ!


せっかくCDを買ったのだ。歌詞も読んでみた。

もともと「ワンルーム・ディスコ」というタイトルにも、母さん惹かれていた。

ほのさんのお家は3DKだけど、ほのさん同じ部屋にずっといて、他の部屋には未だ足を踏み入れたこともない。(呼吸器がついているので簡単には抱っこして連れて行けないのデス。)

そう言うとなんかさみし~感じするけど、実際そんなことなくて、ほのさんはほのさんのこのお部屋で毎日楽しく色んなことを経験しながら過ごしているわけで。

そんなお部屋でリズムにあわせて楽しく体操。まさに「ワンルーム・ディスコ」でしょ?

歌詞にはこうあった…

   
なんだって すくなめ
   半分の生活
   だけど 荷物は 重い
   気分は かるい

   新しい場所で うまくやっていけるかな
   音楽をかけて 計画をねりねり
   今日はなんだかね おもしろいこともないし
   リズムにゆられたい んだ ワンルーム・ディスコ


母さん、毎日の生活で、いろんなことが時々重くのしかかって、現実が、自分のもちものが、とっても重く感じてしまうことがある。

だけど 「 気分は かるい 」!。

母さん、そう思う。

荷物は 重い
気分は かるい

イイじゃない?

ほのさん的にも、「今日は看護師さんもヘルパーさんも誰も来ないし~。母さんもあんまり遊んでくれないし~。」だからそんな日は「リズムにゆられ」て「ワンルーム・ディスコ」。



それにしてもさ、

「ディスコ♪ ディスコ♪  ワンルームディスコ♪」

っていう歌詞の間に、母さん「ハ~イ♪ハ~イ♪ハ~イ♪ハ~イ♪ 」って相槌をいれてたけど…

これじゃまるでオタ芸だよ、まったく…。

「ほのか氏~」とか呼ばなくちゃいけないよ…。

でもアキバ系男子がアイドルを盛り上げようと必死にオタ芸するキモリ、ちょっぴりわかったりして…。

ほのさんの気分を盛り上げようと、母さん自然と相槌いれてたしね。

そして、あの3人組もまさか自分たちの曲が排痰に一役かってるなんて思ってもみないだろうよ…。

No Muusic, No Life ってやつですよ。


さあ、ほのさん、そろそろやりますかね! 
[PR]
by honohono1017 | 2009-04-06 18:01 | Goods
<< 今ごろご挨拶… 母さんのヤル気のわけ… >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧