ほのさんのバラ色在宅生活


低酸素脳症、人工呼吸器をつけた娘とのナナコロビヤオキ的泣き笑いのバラ色在宅ライフ
by honohono1017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

櫛の思い出

f0199379_1820979.jpg



ほのさん、近頃すっかり髪の毛が増えた。

よく、「上手にカットしてますね」と言われるが、ほのさん生まれてこのかたまだ一度もカットしていない。

だけど、うまいぐあいにショートボブ的な伸びっぷりであり…

いまの髪型をこれからずっとキープしてくれると手入れも楽であり、可愛いのだが、とムリなことを思う。


ほのさんはとてもおしゃれさんであり、まだNICUにいた頃からちっちゃな櫛を愛用していた。

櫛といっても、母さんのヘアブラシを買ったら、そのブラシに絡まった毛を取るように付録でついてきたちっちゃな黒い櫛である。


ほのかが生まれてから5ヶ月間過ごしたNICUは、面会時間が限られていた。

1日1回、1時間である。

その頃はまだ人工呼吸器のほかに、各種モニターや点滴、導尿のカテーテルなど、とにかくたくさんのものがくっついていたほのさんだった。(たくさんくっついていたようにみえただけなのかな…)

そういうものに対してド素人なフツウの親だった父さん母さんにしてみれば、

ただでさえ初めての子育てでアタフタなのに、勝手に抱っこすることなんてとんでもない話で、

オムツ交換や着替えすらさせてもらえなかったのだ。

ってゆ~か、してくださいって言われてもムリだけど…

最近TVでよくNICUの風景が映る機会が多いけど、

我が家的には見慣れた風景であり、懐かしくさえ思えるほどだが、

当時はあの色んな機械の音がして、たくさんの医療スタッフがいて、機械のついた赤ちゃんの保育器が並んでいる異質の空間にいるだけで緊張していたのだ。

その上、我が子に会えるのがたった1日1回1時間…

色々してあげたい思いはあってもできない現状もあり、

母さんも、自分でもまだ梳かすには薄いんじゃね~、まだ早いんじゃね~、と思いつつも

そのちっちゃな黒い櫛でひたすら髪をとかしてあげたり、ぱっちんどめをしてあげることくらいしかできなかったのだ。

そんな思い出のある櫛である。

先月、突然行方不明となったのだ。

早く梳かしてよ~的ナ顔をするほのさんを横目に、血眼になって母さん探しました。

でもどこにもなくて、「探してる時はでてこない」ってよく言うから、

探したくてうずうずしているのに我慢してちょっとじっとソファーに座ってみたり…



何日たっても出てこない。

買いに行ってあげたいけど、ほのさんをおいて行けない。

別にほのさんぐらいの髪の毛なら櫛で梳かさなくとも支障は無いのだが、

すっかりおしゃれさんのほのさんは、梳かしてほしくてしょうがないし、

母さん的には、ほのさんの「髪を梳かす」という行為に対して、そういったいろんな思いがあるばかりに、

櫛がな~い、櫛がな~い007.gifと大騒ぎの毎日。


ある晩、父さんが「ほのかお土産~」と仕事から帰ってきた。

お~!父さん007.gif007.gif

なんと可愛いピンクの櫛ではないですか…


  ① 父さんが買ってきてくれた

  ② ピンク色をしている

  ③ 黒いのより大きい

ほのさん的には嬉しい要素がいっぱいつまっている櫛である。

だけど、この櫛で梳かしてもらってるほのさんの顔を見ると、母さんある疑念が…

ひょっとして新しいのが欲しくて、黒いのどっかにやっちゃったんじゃないかと…。

まあいいさいいさ、そんなにほのさんが嬉しいのならば。

母さんも、黒い櫛と共に、NICUでのちょっと辛かった思い出から卒業するよ037.gif

   
[PR]
by honohono1017 | 2009-03-29 19:01 | Goods
<< ほのさんちょっと不調 素敵なプレゼント >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧